でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月11日のソウル競馬場はコリアカップデー
というわけで、いよいよ9月11日は「コリアカップデー」。
1日にグレードがつく重賞が2つ実施されるというのは韓国では初めて。
ということで、KRAの職員さんも気合が入っている感じがあります(*^_^*)

当日のスケジュールは以下のとおり。

第1レース 10時50分発走
第8レース 第1回 コリアスプリント(1200m) 15時45分発走予定
第10レース 第1回 コリアカップ(1800m) 17時30分発走予定

最終レースは第11レースですが、18時半に発走するみたいです。そのへんがよくわからん(^^ゞ

で、登録馬が発表されまして、コリアスプリントが18頭。コリアカップが16頭。
重賞だからフルゲートは16頭なので、スプリントは韓国馬に出られない馬がいるということになるのかと。
ちなみに枠順確定は木曜日の午後。

さて、ほんじゃまずはコリアカップから登録馬を見ていきますか。

まずは外国馬(ハングル順)。

オーダーオブザサン シンガポール所属 豪州産6歳セン 父エンコスタデラゴ 16戦3勝 ウォン・チン・チェン騎手
クリノスターオー 日本所属 日本産6歳牡 父アドマイヤボス 26戦7勝 幸英明騎手
インファントリー シンガポール所属 ニュージーランド産4歳セン 父タビストック 11戦4勝 マノエル・ヌネス・ダ・シルヴァ騎手
クリソライト 日本所属 日本産6歳牡 父ゴールドアリュール 29戦7勝 藤井勘一郎騎手
ソーラーデイティ 英国所属 英国産7歳牡 父エクシードアンドエクセル 45戦7勝 ダリル・ホランド騎手
ニードトゥノウ UAE所属 南アフリカ産8歳セン 父ウエスタンウインター 37戦4勝 タダ・オーシア騎手
フェイマスパーク フランス所属 モロッコ産4歳牡 父ミスターシドニー 12戦8勝 アブドラーム・ファドル騎手

というわけで、外国からの遠征馬は以上の7頭となりました。あとの9頭は韓国馬ですね。

では韓国馬をチェック。
●パワーブレイド(釜山) 牡3=韓国産(父メニフィー)
9戦7勝2着2回の成績を残す、今年の3歳三冠馬。問題は初の古馬戦でいきなりこんな相手、というところ。
1800mのダービーの勝ち時計1分52秒1は、不良馬場だったことを差し引いても時計的には古馬1級と比較しても互角以上。
あとは今まで楽勝続きのオラオラ競馬をやってきたから、競ったりもまれたりとなると……という点かな。

●トリプルナイン(釜山) 牡4=韓国産(父エクトンパーク)
昨年の大統領杯の優勝馬。ただ、大統領杯は韓国産馬限定戦で、混合戦のグランプリでは4着。
それでも今年は5戦5連対となっていて、釜山広域市長杯で2着、オーナーズカップで1着とG3で好走。
ただ、外国産馬相手だと分が悪いという成績だけに、ここではちょっと厳しいかも。

●ボルマウィクゥム(釜山) 牡6=米国産(父プットイットバック)
デビューから10戦連続で連対し、11戦目で競走中止してから調子を落としたが、立て直した一昨年の夏からは5連勝。
その年のグランプリでは3着だったが、その後は連勝するも、調子イマイチだった昨年の釜山広域市長杯(1600m)は、
小山信行騎手騎乗で11着。しかし休養明けの正月以降は復活して、距離不適の2走前以外は勝利。
前走で釜山広域市長杯(1800m)は好時計で5馬身差圧勝と、勢いをつけての挑戦となる。

●ダイナミックジルジュ(ソウル) 牡5=米国産(父フォレストリー)
昨年末まで釜山所属で、1級でたまに勝ったりという成績だったが、ソウルでは徐々に成績を挙げて6戦3連対。
前走は1900mの1級戦でまあまあ強い相手に早め先頭から4馬身差で押し切り勝ち。
ただ、スンナリとした展開じゃないと厳しい感じがある馬で、重賞が2014年の釜山広域市長杯(2000m←距離変えすぎ)以来というのもキツイかも。

●センイルキプン(釜山) 牡3=米国産(父パラディン←プルピット直仔)
今年1月から7戦連続連対で1級までステップアップしたが、前走は1800m戦で先行バテで7着。
そのレースは減量ジョッキーのユガンフィが失敗したという感がなきにしもだが、
鞍上が変わっても初の遠征で初の重賞では荷が重そうだ。

●ワンダーボルト(ソウル) セン6=米国産(父デザートウォリアー)
2014年のアジアチャレンジカップ(1400m)で、シンガポールのエルパドリードには負けたが差して2馬身差2着は立派。
その冬のグランプリでも2着に入ったが、捻挫からの休養で復帰後がイマイチ。それでも昨冬からは1級戦で好走。
前走は2か月ぶりのレースで、新人騎手のハジョンフンが無理しなかった感がある7着。ここでも力量発揮なら善戦が狙えるかな?

●ミレヨンウン(ソウル) 牡5=韓国産の持ち込み馬(父アラゴルン)
デビューから10戦連続連対で、一気に1級まで上がったが、重賞では1200mの文化日報杯で9着と、SBS韓日戦で6着。
タイプ的に1200mでは短くて1800mはちと長いかなという印象。
ちなみに韓日戦では、5着だったキモンアヴァロンから半馬身差。ということは、南関東B1クラスってな感じの評価でよさげかと。。。

●クムポスカイ(釜山) 牡5=韓国産(父ビカー)
昨年12月の大一番、グランプリでは倉兼育康騎手が騎乗してクビ差2着……。惜しかった(T_T)
しかしそのあとがちょっとムラがある走りで、前走のオーナーズカップでは好位のまま4着。
本来は長く差し脚を使えるタイプで、コーナー4つの競馬も悪くなさげ。
あとはソスンウン騎手がハイペースに付き合わなければ……流れ込みが狙えるかなあ。

●ダイナミックデシ(釜山) 牡4=米国産(父プレザントリーパーフェクト)
昨年6月に1級に上がって以降に4勝をマーク。3走前は1800mを58.5kgで完勝しているのだが、
初の重賞挑戦となった釜山広域市長杯は7着で、前走の1級戦(1800m)は60kgだったのが影響したか、
軽ハンデ馬にやられて5着。でも力量的にはちょっとイマイチ。しぶとい騎乗をするイムソンシルには期待できるが……

というラインナップとなっております。
韓国代表は、外国産のトップクラスが揃っていないのがねえ。ということでこの9頭+日本の2頭でシルシをつけると、

◎クリソライト
○ボルマクゥイトゥム
▲パワーブレイド
△クリノスターオー
△クムポスカイ

じゃあ、外国招待馬との比較はどうなのよ、というのが重要なのだが、
日本以外の外国馬の成績詳細がわからんので、ちょっとタイムですんません(^^ゞ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
第3回インタラクションカップ
10月13日(火)は大井競馬場で日韓交流戦、第3回インタラクションカップが開催。

第1回は韓国馬のワッツヴィレッジが逃げ切って、総勢30名ほどの韓国人軍団は狂喜乱舞。
そして大半の人が馬券的中で日本円が流出することに(笑)
あたくしも提供した予想が激しく的中したので、その片棒を担いだことになりまするが(^_^;)

続く2年目は条件がソウル対南関東になり(1年目は大井限定)、ソウルから来た馬がショボかったものだから、まったく盛り上がらず。

そして今年は勝負になりそうな馬が来たものの、韓国人軍団がどえらく少なく、今回も盛り上がりには欠ける感じとなりました。

まあ、いくら馬の渡航費用とかは日本持ちとはいっても、全体的な経費や馬への負担を考えたら、半島内で走ったほうがいいわけで。
インタラクションカップの1着賞金は1000万円だけど、韓国のグレード外重賞は今のレートだと1200万円あるわけでねえ。
韓国側にとっても、そんなに遠征するメリットはないといえる。

でも、ホースマンにとっては良い経験になるわけで。今回はソウル1頭、釜山2頭の顔ぶれで、釜山所属馬が海外遠征するのは初めて(海外移籍はあったけど)。
というわけで、韓国人騎手2名は、本番のインタラクションカップが初めての右回りということに。
昨年までと違って当日のほかのレースに乗る機会がなかったのは厳しかったのではないかと。話を聞くと、どうやら日本側の考えと行き違いがあったらしい。残念……

というのは、逃げたチョングが4角で少し外に膨れたところですわ。これは不慣れが第一因かと。
そのインを狙ってサトノタイガーが突き抜けて、さらにファイヤープリンスも最内を通って3着に。
チョングは最後まで粘る脚を見せていたので、そのへんがちょっともったいなかった。

しかしトップクラスのレースで浦和所属馬が3着までを独占するとは、時代が変わった感じがするのお。

というわけで、チョングは浦和3頭に続く4着に入線。サトノタイガーにはかなわんでも3着までには粘るだろうと思っていたので、
個人の馬券的にはけっこう残念な感じになってしまいますた。森泰斗の2着がホント余計……(T_T)/~~~

私は当日、ちょっと荷物が大きかったもので、カメラはスマホのみ。あんまりちゃんと操作したことがないカメラで夜の撮影となると、ブレブレになるのはしょうがないなあ。ということでご容赦(>_<)

チョング=4着
cheong.jpg

カウボーイソン=8着
cowboyson.jpg

ダイナミクジルジュ=10着
dainamicjirju.jpg

ここまで3回やりましたが、現状を考えると、毎年やる意味はちょっと微妙かな~と思いますねえ。
招待競走ではなく、南関&韓国の国際競走を創設して、来たい馬がいたら来てもいいよ~という方式にするのもアリかなと。

となると、たとえば大井記念とか、S2で1着賞金が2500万円以上のレースが韓国側の目標となりそう。
それに、パート2入りを目指すなら、そこで勝負になる馬ぐらいは輩出できなきゃねえ、と思いますですわ。
P_20151013_203348.jpg

今年はイベントゲストが新人演歌歌手のパクジュニョンさんと、そっち方面でも力がイマイチ入っていなかった感(でも歌はうまかった)。
APINKとか4MINUITSとかを呼んだら、おっさんを中心に千人は入場人員が違っただろうし、
2PMとか4MENとかなら、うちわを振るBBAが大挙して大井に押し寄せたはず。
場内が閑散としているよりは、そっちのほうがいいよねえ。出演料が高いかもしれんけど。。。
昨年はONYX5が来たのでBBAがたくさんいてうざったかったけれど、でもうちわを持ちつつ馬券を買っている人もいたし、
それに今の時代、競馬場に来る人の質ガーとか言っている場合じゃないでしょ。

というところを含めて、曲がり角かな~という感じを抱いた日韓交流戦でした。

アフターは韓国人のかたを日本式焼肉店に誘導。牛タンを食べてみたかったんだって。
P_20151013_231201.jpg

牛タンの写真は撮り忘れたけれど、最後に頼んだハンバーグが秀逸。韓国人も大喜びでめでたしめでたし(*^^*)
P_20151013_231719.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
手短に日韓交流インタラクションカップの予想
10月13日(火)の大井11Rは、第3回インタラクションカップ。

手短に予想を書いておきます(#^^#)

◎サトノタイガー
○チョング
▲ゴールスキー
△ファイヤープリンス
△カウボーイソン
穴エリモフェザー

ソウルからの遠征馬、チョング(天狗)は最内枠からスタートが決まれば逃げ切りまで狙えそう。
釜山からの遠征馬、カウボーイソンは条件的に微妙かもしれないが、競らずに行ければ残り目も。
釜山からのもう一頭、ダイナミクジルジュ(ダイナミックな疾走)は、後方からどこまで届くかな。。。というところかと。

というわけで、とりいそぎ
秋夕前の競馬の結果
9月は北海道に3回行ったものの、後半はそんなに忙しくならないはずだったのに、なぜか余裕なし。
ということで、またしてもかなり間が空いてしまいました。

韓国競馬は日本でいうお彼岸にあたる秋夕の時期がお盆休みみたいなもの。ということで、この期間は野球はやるけど競馬はお休みとなりますです。ちなみに競艇も競輪もお休み。

その1週休みの前の9月20日(日)の釜山競馬場のメインレースは、グレード外重賞のKNN杯(5歳以下牝馬限定・1600m)。
数少ない、グレード外重賞だけどソウル所属馬も出走可能というレースで、14頭立てのうち7頭がソウルからの遠征馬。
韓国競馬は私が感じるところでは、「馬の素材はソウルが上、調教のレベルは釜山が上」という見立てなんですけど、合っているのかなあ?

1着 ヘバ(5歳・5番人気) ソンキョンユン 1分39秒9
2着 ヘイクイーン(3歳・6番人気・ソウル所属) ソスンウン 3馬身
3着 チャンプンパラン(3歳・2番人気) キムヨングン 3馬身

てなわけで、馬連160倍、馬単380倍、3連複245倍と、波乱ですよ!

この原因は、単勝1.3倍のニューヨークブルーが3コーナーで騎手落馬→競走中止となったため。
なんで競走中止になったのかというと、3コーナーでウィナーズマリンがインコースから外に出した際に、ニューヨークブルーとフズパーフェクト(9番人気)がそれに影響されたため。
で、ウィナーズマリンに乗っていたのは倉兼育康騎手ですよ。

てなわけで、ウィナーズマリンは5位入線→失格。倉兼騎手は開催4日間(10月11日まで)の騎乗停止というお裁き。
おお、倉兼騎手、これが6日間だったら大井の日韓交流戦に参戦できなかったやんけ。不幸中の幸いか?

で、6位入線から5着に繰り上がったのが、ソウル所属のハンラチュッチェ。同馬の騎手は高橋悠里。というわけで、彼は初めての重賞入賞ですな。ちなみに5着賞金は1600万Wだから、進上金はだいたい8万円ぐらい。岩手にいるときよりも稼げているのではないかしら。

ちなみに高橋騎手は10月1週目の開催で3勝を挙げて、通算11勝。勝率も12%と上々となっておりますです。
告知です
(しばらくトップに置きます)
単なる告知です☆大阪でPOGイベントを開催します!

5月10日(日)19時から、大阪の道頓堀にある「ロフトプラスワン・ウエスト」にて、トークイベント
~POG(ペーパーオーナーゲーム)~「もうすぐ2歳戦がスタート!来年のダービー馬を探そう!」
が開催されます。

【出演者】
浅野靖典(「POGの達人」取材執筆、編集)
岡山一成(サッカー選手・POG愛好家)
解説=乗峯栄一(作家)
司会進行=ケチャップ河合

◎6月からの2歳戦線で活躍が期待される馬たちを紹介!
◎来年のクラシック候補をチェック!
◎イベント後半には来場者によるPOG大会を実施!
◎当日は各種POG情報誌を持ってくるとより楽しめます。

チケットは(すみません、有料イベントなのです)、前売り1000円、当日券1300円(飲食別)
前売券はeプラス、またはロフトプラスワン・ウエストにて電話予約
06-6211-5592(16時~24時)
最寄り駅は日本橋orなんば。道頓堀川沿いのドンキの近くです。大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3階

皆様のご来場をお待ちしております!!
20150510pog.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。