でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
2016年グランプリ
例年は12月の第2週に実施されているグランプリ(그랑프리)が、ことしはなぜか1週遅い開催日程で12月18日に実施。
いつもは香港国際競走とまるかぶりなので行けないなあと思っていたわけですが、日程が変わっても行きませんでした(笑)
ま、もっとヒマになったらですな( ̄▽ ̄)

今年のグランプリ(ソウル2300m・すべて外回り)は16頭立て。
ただ、わりとJBCクラシックみたいな感じで、上位人気馬とその他大勢(失礼)の差がわりと大きいというメンバーでしたね。
最近、その傾向がだんだんと顕著になっているのはちょっと問題かな~というのは個人的な意見。

上位人気は、
1番人気 トリプルナイン(9月11日のコリアカップで3着→大統領杯1着と好調)=1.6倍
2番人気 クリンアップジョイ(前走のKRAクラシック=ソウル2000mで7馬身差圧勝、昨年の3着馬)=5.5倍
3番人気 パワーブレイド(今年の3歳三冠馬。コリアカップでは4着)=7.5倍
4番人気 ウイナーレッド(3級から4連勝でオープンまで上がってきた馬)=10.0倍
5番人気 トンバンデロ(9戦連続連対中でも今回が重賞初挑戦)=17.2倍

あとは大統領杯3着のサクセスストーリー(米倉騎手)が25.0倍、
オープン戦を10勝し、一昨年は3着だったボルマウィクムが26.7倍

残り9頭は単勝万馬券という陣容でございました。
ま、昭和の有馬記念も一騎打ち+その他大勢みたいだったことがありましたけどね(^_^;)

ちなみに韓国では2001m以上のレースは年に3回だけ。
11月に釜山で2200m戦があって、ソウルで2300m戦のトライアル的なレースがあって、そしてこのグランプリ。
というわけで「この距離ならば」という馬はあんまりいないわけなんですわ。
ただ、1700m、1800mの1級戦はひんぱんに行われているので、あとは日ごろの調教次第でなんとかなるかもというところではありますが。

4コーナーの奥から発走したレースはわりとスローな流れで動き、実力上位の感がある3頭で決着となりました。

第35回 グランプリ
1着 クリンアップジョイ(2番人気) セン5 ハムワンシク騎手 ソンムンギル厩舎 2分28秒6
2着 トリプルナイン(1番人気) 牡4 ソスンウン騎手 キムヨングァン厩舎 1馬身1/4
3着 パワーブレイド(3番人気) 牡3 キムヨングン騎手 キムヨングァン厩舎 5馬身

馬連3.6倍 馬単10.0倍 3連複6.4倍 3連単42.5倍

という結果でした。意外とついたといえるかな?

しかし早め先頭から押し切ったクリンアップジョイは強い内容。プルピット直仔のパージ(PUEGE)産駒で、母の父はヌレエフ直仔のジョイエクスダンスール。
フランスな香りがする北米産馬で、通算成績は21戦11勝。中長距離路線の大将格になったといっていいでしょうね。

トリプルナインは3番手から前を行くクリンアップジョイを追いかけたけれど、追いつけなかったという内容。
今回は力負けという感じのレースでした。

3着のパワーブレイドは最後の直線でいっぱいいっぱいになっていましたね(>_<)
コリアカップのときもそうだったけれど、この馬は1800mでもちょっと長いのでは???
後方から一気に追い込んできたコリアッマリン(10番人気=111倍)に1/2馬身差まで迫られたのだから……

ともあれ、いろいろとスケジュールが変わった今年の重賞も無事に終了。
開催はソウルが12月25日まで。
釜山は来週の開催がお休みで、その代わり12月30日と31日におそらく初となる大晦日開催。
済州は12月23日で年内の開催が終了(いちおう、雨天降雪予備日がありますが)となります。

そして相変わらず、来年の予定が発表されるのが超おそい……(--〆)
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.