でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイで韓国産馬が健闘
1月12日(木)にドバイ・メイダン競馬場のレースに、
昨年の3歳三冠王者のパワーブレイドと、ディファレントディメンションが出走。

1着賞金7万5千ドル、総賞金12万ドルということで、レースレベルとしてはどうなのかよくわからんのだけれど、
とりあえずパワーブレイドは3着に健闘しました。

ドバイ・メイダン4R(ダート1600m)
1着 ノースアメリカ 1分35秒65 R.マレン騎手 
2着 ヘビーメタル 1馬身1/4 M.バルザローナ騎手
3着 パワーブレイド 6馬身3/4 P.コスグレーブ騎手

7着 ディファレントディメンション A.デフリース騎手



2着からは差がついたけれど、まあとりあえずのモノサシはできたのではないかと。
この結果が基準となると、一緒にドバイ遠征に行っているトリプルナインは、もうちょっと上の期待ができるかな?
しかし3着賞金は1万2500ドルですか。単純に考えるとかなり頑張らないと赤字になるよなあ……
おそらくKRAから補助金が出ていると思うのですが。

7着に敗れたディファレントディメンションは、1級の1800mで2勝、1200mで1勝という実績で、これまで15戦してすべて5着以内。
今回が初のいわゆる掲示板外となってしまいました。とはいえ、パワーブレイドとの差を考えるとこんなもんかも。
血統は父がイントゥミスチーフ(ハーランズホリデー直仔)で、母の父はミスプロ直仔スーベニアコピーの米国産。

韓国馬がどれくらいドバイワールドカップに近づけるのか、注目ですな☆
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。