でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連続早起き
美浦から帰っていっぱい労働して3時間弱の睡眠で朝6時半に出発。
今日は東京競馬場でジャパンカップに出走する外国調教馬の公開調教があるのだ。

小雨のなかをスシ詰めになりかけの電車は快調に走り、8時ちょい過ぎに府中に到着。おお、ガラガラだ~。ま、ド平日だもんね。しょうがないかな。

4角近くにある報道エリアも同様の傾向。人数すくないねえ。日本馬優勢という状況を考えればそりゃある程度はと思うのだが、招待しているんだから期待しとりますよという雰囲気を感じてもらわねば失礼のような。

それは共同記者会見でも同様。出走馬関係者側にとっては、質問ゼロというのは悲しいわけですよ。しかし“堅くて速い野芝”というカテゴリーでは日本は世界最強かもしれない。同様の馬場で競馬をしているのはブラジルなどがあるのだが、そこから遠征馬はこないだろうし。

というわけで、出演者系で取材に来ていた人はごくわずか。てか片手にも至らず。それでジャパンカップですよ、盛り上がりましょう、といえるわけがない。理想と現実の乖離が激しくなっているのはもうどうにもならないか。いっそ、宝塚記念をジャパンカップにしてしまえばいいのではとさえ思う。今の阪神なら芝2400mが取れるし。

しかし、どの馬もジャパンカップが終わったあとすぐに帰るよねえ。日本にもう少しいて何回か出走すればいいのに。今やディセンバーSだって国際競走なんすよ。パープルムーンの関係者は記者会見で「JCのあとは香港、有馬記念が選択肢。その両方に出る可能性もあります」と言っていた。交通費無料なんだから(招待競走なので。その後の滞在費は有料だと思うけど、規定はどうなっているんでしょうか?)、有馬じゃなくてAJC杯に出ればかなりお得な結果となりそうなものだが。円高なんだし、もっと賞金を取りに来る馬があってもいいはずだ。

今年も失礼のないように(笑)、記者会見では質問を一発。終了後にびっくりドンキーでお茶して、新宿の旅行会社でチケットをゲット。おお、カウンターの人が中国人だったよ。留学生がそのまま就職したっぽい。すげえ。

そのチケットを神保町にいる快楽亭ブラック師匠に渡し、そこから南浦和に移動して浦和競馬に参戦。着いたらメインレースの時刻で、残りは2レースだった。というわけで専門紙に500円を出すのはアホらしいので、出馬表とパドック診断のみで馬券を買う。
しっかし早く競馬新聞のレース単位の販売、または閉店間際半額セールをやってくれよ。こういうのは馬券購買意欲の減退につながるのだから、主催者側からも働きかけがないものなのか。場内にNARのホームページの出馬表を1枚数十円で印刷できるシステムを導入するのでもいい。でもきっと専門紙は反発するだろうな。しかしそれは、その程度のサービス導入でもわしらは死に瀕するという主張、つまりその程度の情報しか載せてませんと自らをおとしめているようなものだと思う。

連日、勤務時間が長い影響でねむねむ。最終後にサクサク帰り、今日は早めに……と思ったら、そうもいかなかったのよね。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。