でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また移動
気がつけば8時。乗ろうと思っていた電車には乗れず、1時間あとに変更ということで、延岡駅前で待ち構えてくれている黒田さんには申し訳なしの電話を入れて、なぜか1年に2回くらいは乗っているにちりん号に乗る。今日もやっぱりガラガラだった。

延岡駅で車に乗せてもらって、まずは地元民に延岡競馬の紹介がてら現場案内を。したらば、えええ、こりゃすげえと、ものすごく衝撃を受けていた模様だった。

旭化成OB会役員の山本さん宅にも寄ってあいさつし、叙勲授章記念の碑も改めて見学。上がっていけと誘われるも、今日はあまり時間がないのですみませんと辞して郷土資料館へ。

ここでもあまり時間がなかったが、新たな物件を確認。おわー、写真撮ってくるの忘れた……どないしよ。

すでに昼前。ここから図書館にこもって資料をあさる。地元の2人にも手伝っていただいて申し訳ないなあとともにありがたいなあと恐縮しながら、小上がりに資料を広げて目指すネタを探していく。いろいろあるなあ。延岡って昭和20年代はけっこうな馬産地だったのね。

2時頃にチキン南蛮を食いに町に出る。その本家と元祖をとりまくいろいろなバックストーリーが面白く、聞いているうちどんどん延岡ツウになっていってる感じ。食後に市役所に行ってヒアリングすると、オレはなんでも知ってるけんねという態度200%の公務員に、こちらがすでに知っていることばかりをレクチャーされてちょい疲労。5月に訪問した都市計画課は当たりだったが、こちらは残念ながらであった。でもこういうのは取材においてはしょうがないのよね。

図書館に帰還して猛スピードで業務続行。そろそろ結論が見えてきたところで資料のコピーを頼むと、ここは係員が作業をするシステムを採用している図書館だった。しょうがないから一緒にくっついて、このページのこの部分をと、ひとつひとつ指定。機材はなかなかいいのがあるが、そのシステムのおかげで時間がものすごくかかることになってしまった。

そんなわけで、17時半発の高速バスには乗れず。久留米のホテルもキャンセルじゃ。

さてどうするかと策を練った結果、宮崎在住の黒田さんの車に乗せてもらって、宮交シティから夜行バスにのることに。延岡の事務所で原稿を1本作らせてもらって安心したところで、国道10号線を南下する。みなさんにはお世話になって感謝。2月に行ったときにお礼をしよう。それからお歳暮を贈らねば。

ということで今日の宿は夜行バスになってしまった。23時発の天神行きの西鉄バスは3列シート。しかし閑散期のド平日。宮崎から乗った客は2人のみ。都城から1人乗ってきたが、これじゃどう考えても赤字運行でしょ。日によっては無人のこともありそうだ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。