でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金杯イエーイ
1月4日。なぜか今年はJRAの初日がこの日に組まれている。

おおイエーイ。昔金杯の日に中山に突撃して9Rの発売中に並び始めて、11Rの金杯の馬券を買えたのが締め切り15分前だったというのがなつかしい。てか、今はそんなにしてまで馬券を買おうという根性のある客はいるのか???

人民の体力の低下は馬券の売上の低下に呼応しているように思う。しかしこれは日本国のトータルデザインという根幹部分にかかわってくることだから、こんなグータラな一般市民中の一般市民がゆーたところでどーにもならんのだけれど。しかし、あんたら(←あまたある部署のひとつとして別に希望していないのになんかわかんないけどこの部署に配属されたから仕方なく仕事している)は職員のくせに社の業績を上げようとすることを妨害して、まさしく足を引っ張っている存在なんだということにとっとと気付けよ、ということを酔っ払った心と体ながらそう記しておく。

全くここまでの話は余談だったわけで、こちらは新年とかどーでもいい感じに徹夜続き。完徹は1日しかなかったのだが、しかしながらそんなわけでこの日も仮眠をして朝6時に起きる。しかしすぐに力尽き、7時に本格的に起床。やや、こりゃ遅くなったなあとぜんまいざむらいのごとくネジを巻いて車に乗り込み、いざいざいざと南下である。

ということで着いたところは川崎競馬場。9時に着いて装鞍所に行ってみれば誘導馬と遊ぶ時間帯。そう、今日は川崎競馬の能力試験見学&バックヤードツアー会なのであった。

9時すぎにその見学会は終わり、それから本馬場で披露される流鏑馬大会を見学。おお、なかなかすげえ。しかも落馬競走中止もあったし、こりゃ大変だ。川崎大師の駐車場は早くも満車だったのだが、その人たちをいくらかでも呼べればよかったのだけどなあ。

千葉県の競馬場や都内の場外馬券場は大入り盛況だろうなあと思いつつ、川崎市幸区でボチボチメシを食う。こっちも楽しいねえ。

11時半くらいから競馬場内のとある場所を借りて原稿作成。その合間に馬券をまとめ買い。年末年始に全然寝るヒマがなくて(←それはウソなんだけど。実際寝ましたもんで)、締め切りが遅いということに甘えて先送りしていた原稿を本格的になんとかするのだ。それが一応のメドという形になったのが午後3時くらい。ぼくはインタビュー原稿をつくるときにやりとりを録音することはほとんどないのだが、今回はやっぱりやっとかないかんだろうということでギチギチに録音してテープ起こし。うーむ、こんなんやったのは会社員時代の議事録作成以来かもしれんのう。

こういう案件はこれで正解だと思うが、1対1のインタビューとかは、それ自体が勝負だと思うので、録音機材などを使うのはいかがなものかというのは個人的に思うスタンスである。それに耐えられるだけの心と体を常に保持していなければならんので、だからインタビュー終了後はけっこう疲れる。ほかのライターさんとかはどーやって話を導いているのかなあ。ちょっと興味あるところだ。こういう系の仕事って、ノウハウが個人から外に出ることってほとんどないもんねえ。

さてさて日曜日の川崎最終レースは大師オープン。パドック診断をしてみると、新聞での予想で買おうと思っていたメイホウホップのデキがかなり今市。変わって異様によく見えたのが1頭いた。そりゃまたなんでかわからんが、その馬が1着でやんすよ。枠連は的中したけれど、馬連は買っておらず。いやいや、やんなっちゃうよねえ、50倍オーバーなんて。

そう思ってもあとのフェスティバルなんで、なんでやねんとブツブツ言いつつ環八を通って帰宅。年始の日曜日だけあって道はガラガラだったけれど、光が丘周辺で道を間違えたざんすよ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。