でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火曜日から水曜日
月曜日の夜に船橋から帰ってから、16本もメールを送っとった。朝4時くらいに送ったものの次が朝10時。両方とも原稿である。それからも断続的に原稿や連絡やら。とにかくやれることを全部やって、キレイな体になれたのは火曜日の25時だった。ひえー。

というわけで、速攻でねむって朝5時に起床。6時の電車に乗って日暮里から京成特急で爆睡も、佐倉でフィリピン人とおぼしき4人家族が満員になった電車でもがいていたので、子供2人を抱えたかあちゃんに席をゆずる。この時間帯は空港に出勤する人たちがいっぱいいるし、出発する旅行客もいっぱいいるから大変なのよね。ぜし下りのモーニングライナーを設定してほしいなあ>京成

しかし成田山の参詣鉄道として敷設した開設当時には、線路の先に国際空港ができるとは思いもしなかっただろう。そう考えると、やっぱりビジネスにおいて、運というものは大きいと思う。もし国際空港が横田基地ということになっていたら、西武がウハウハで京成はローカル私鉄みたいだったんだろうからねえ。

そんなこんなで成田空港に朝9時に到着。とりあえずラウンジに行ってメールチェックとデータの更新。出発1時間前になったところで、ほんじゃ出国審査を受けますか。

……と、免税エリアに入ったところで気がついた。請求書を2通持ってきちゃったよ! ここにはポストがないのに!

というわけで、この封書2通を投函する方法は3つ。
1.出国したばかりだけどいきなり入国手続きをして空港ロビーに戻る
2.日本に到着した人に頼んでポストに入れてもらう
3.空港職員に頼んで退勤時にでも投函してもらう

とりあえず、3を試すべく職員に依頼。封をしていなかったので中身まで見せて怪しい粉とか入ってないよと訴えるも、できませんととりつく島なし。まあしょうがないだろうなあ。今考えたら、免税店の店員のほうが可能性はあったかもしれん。
じゃあ、ムダにスタンプを増やすかと思ったが、そこまでの時間はなさげ。制限エリア内のラウンジに入る権利がぼくにあったら、荷物を預けて体ひとつで行ってくる(→税関とか速攻で通過できる)手もあるのだが、だけどぉ~ぼくにぃ~はステータスがない~

しょうがないかとキッパリあきらめて、99番搭乗口に。ああハラへった。とりあえずおにぎりを買ってゲート前で食う。こんなところでスイカが使えるとは思わなんだ。

以下、水曜日付けで。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。