でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マカオ2日目
いやはや全然日々大変。睡眠を削っている状況なので、放置しまくりのでいりーじょぶだけど、たまには現実逃避を兼ねて更新してみます♪

というわけで、マカオでの初日は地の果て・コロアン島に流れ着いたあと、無事に繁華街まで戻れて、無事にカジノで小チップ5枚を消費。ゆかり様はハイスペックマシンでプラスを確保したところで勝ち逃げとは、さすがの決断力である。
深夜2時頃に宿に帰還して、7時に起きて通常の仕事。11時に外に出て、今日は世界遺産めぐりである。
まずはセナド広場のポルトガル料理屋でワイン&お食事。食い終わったらすでに2時を回っていたので(バス乗り間違いが原因)、そそくさとセントポール天主堂に行って、韓国人とともに記念撮影。ここからはタケシくんと2人で人骨たくさんの荘厳な教会跡地を経由して、マカオの路地裏めぐりへ。

教会で礼拝のマネゴトをして、路地を目的地の方角に向けてさまようと、偶然たまたま市場に出た。おお、なんとすばらしい。今回はどこかで市場をみたいと思っていたのだ。アジアの市場は人間の原点を感じさせるからねえ。スーパーみたいにビニールでくるまれているなんてありえない。人間は他の命を奪わなければ生きていけないという事実と向き合わせてくれる場所なのだ。

といっても、地元の人にとってはそれが日常。魚は淡々と解体されていき、うなぎはぬめぬめ動いたまま半分にぶった切られた。呼吸する浮き袋、ぐるぐる巻きにされたカニのハサミ。すべてに生命感がある。

その空気をたっぷり感じて、タラタラ歩くと港といか埠頭に出た。対岸は中国だが、ここからは渡し舟などは出ていないようだ。しかしこれなら夜中だったら簡単に密入国ができますな。日本にはこんな場所がない。ないから差し迫った脅威を感じることすらできない人がいるのだ。

と、合計1時間ほど歩いて最終目的地であるお寺に到着。ササッとお参りして、マカオタワー経由でタイパ競馬場に行く。しかしあのバンジージャンプはちょっとやってみたい気がしてくるね。1回だけでいいけれど。バンジー受付のところにある掲示が、ことさら安全性を強調しているのが笑える。恐怖をあおると売上的に問題があるのだ。

タイパ競馬場ではパドック診断だけして馬券を買わなかったレースが激的中。馬連5頭ボックスで300倍かよ~。もったいな~。しかし海外に出るとパドック診断が炸裂するねえ。とりあえずそう意を強くして、フェリーターミナルに戻って、マカオ滞在中にお釣りなどで掴まされたパタカをコインロッカーで消費。九龍行きの船に乗って、今日の宿であるシャムロックに行く。おお、80ドルかかるはずのネットがタダ使えた。こりゃ運がいいわい(^_^)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。