でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香港ダービー
香港ダービー。ちなみに現地で使われているロゴは、香港D馬RBYである。香港ダ馬ビー。おい。

昨日も結局夜更かしして、今日の集合は11時。とはいえ9時頃には起床していて、ぼくは10時すぎから買い物に。テキトーにテケテケ歩いていると、ガイドブックに載っていない屋台群に出くわした。しばらく見てみると、売っているものはほとんど食料品。なるほど、台所的な場所なのね。

そんななかにも日用品店があって、普段着を取り扱っている店も1軒。そこではムダに派手な子供用のドレスが売られていた。おお、買っちゃおう。69ドル=900円とは安いのう。値札完全装備というのもわかりやすくてよろしい。観光客向けの屋台街でありがちな「値段を聞く」→「ふざけた数字を言われる」→「値切る」というのがけっこう面倒なのだ。買い物はあっさり終わらせたいタイプにとって、値札がついている市場で買い物できたのはラッキーだった。

速攻で宿に戻って荷物を片付けてから競馬場に直行。びゅんと行ったら1Rのパドック開始前に余裕で間に合った。

しかし眠い……。眠くて頭の回転が悪いことがハッキリしている。ということは、パドック診断の精度も激悪。1,2,3Rと的中せず、持ち金がかなり減ってしまったので、そのあとはしばらく休憩することに。6Rはパドック診断だけして、馬券は買わずに食事。ほらやっぱり当たらん。まだまだ油が回りきっていないな。

今日の香港ダ馬ビーは9R。その前のレースも重賞ということで、そろそろまじめにやるかとパドックへ。8Rビバマカオなど知っている名前も出ているレースだが、知っている名前の馬のデキがイマイチ。というわけで、レーティングが下の馬を中心に買ったら、惜しい。1着3着。でもそろそろ自分の調子も上がってきたかなと自覚して、ダ馬ビーのパドックに向かう。

今年の香港ダービーは、英国から移籍してきた1番の馬が断然人気。見てみるとこれがなかなかの好馬体。こりゃこいつが勝つだろうなと決めて、相手探しに専念する。……するとどう見ても9番の好先生が抜群。3番手は3番の自由好かなあ。というか、この3頭でよさそう。ということで馬連2点、3連単2点。念のため、3連複1-9-総流しも買っておく。

いや~、よかったね~香港ダービー。1着1番、2着3番、3着9番で完全的中。馬券のお財布が空になりかけていたけれど、これで少し復活しましたよ。3連単は32倍だけど、2点買いだからかなりバッチグー。

検量のところでマカオ競馬記者のわたなべ君(通称)と、いや~話一句(英語名はコレクション)は強かったねえ、QE2に出るのかな~。いや、マイル路線らしいよなどと話をしつつ、オーナーと調教師のインタビューを聞く。3割くらいしかわからんのだけれど。そうしていたら、10Rの出走馬が脇を歩いてきた。おお、急いで返し馬診断だ。その結果、勝つのは7番だと判定。2着候補は5頭とみて、3連単と3連複、馬連を買ったら大的中。エンジンがかかるのが遅いねえ。しかし3連単は267倍だから、これでプラスが確定だ。

最終レースもパドック診断。しかしここでよからぬクセが。軸馬をマークシートに塗る段階になって変えてしまったのだ。最初のままなら3連単670倍、3連複160倍が当たっとりましたよ。ぐっすん。くっそー、納得がいかん。絶対リベンジしたるからな!

とダービーデーを満喫したところで、香港芸人氏、タケシ君、ゆかり様と旅する香港ツアーはおしまい。夕食後からは単独行で今日はモンコクの安ビジホ泊まりなのだ。みんないろいろありがとう。しかし最終レースを取れていれば、夕食くらいゴチしたのになあ。でも次こそズバリと取れそうな気がするぞ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。