でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
76%
昨年はたったの8頭だった九州トレーニングセールの上場馬は、今年は大きく増えて27頭。
その調教供覧を朝10時から実施する……のだが、激しく段取り悪し。馬はスタート地点にいるのに、全然出発してくれない。馬場入りのあとに角馬場でウォーミングアップする……

「九州タイム」なのかもしれんけど、お客様は炎天下で待っているわけよ。その辺、来年はキッチリ運営計画を周知徹底させねばならんなあ。

こちらも炎天下での進行。でも頭に白タオルを巻いて、ヒザの上にもタオルを置いたら暑くて死にそうという感じにはならなかったのでめでたしめでたし。でも暑い……

昼の時間は展示の進行にもろもろの雑用。自分の準備をするヒマがなくなったが、これはしょうがない。とりあえずおにぎりを食って午後1時までになんとか体勢を整えた。このおにぎり、幅が広くて食いにくいぞ。

昨年度は75%の売却率を記録(8頭中6頭が売れました)した九州トレーニングセール。今年もサイレントハンターとかサイレントハンターとかサイレントハンターとか取り揃えてのスタートでございます。直前に上場馬が1頭減ってしまったのは残念だが、26頭、いろんなドラマを見ながら進めさせていただきました。

今回の九州産馬は23頭。しかしそのパパが九州在住なのは意外と少ない。サイレントハンター以外では、マルカダイシス、デュラブ、カオリハイパーだけですよ。おやおや。

繁殖牝馬更新事業のおかげで、北海道からの持ち込み馬が多いからそうなっているわけだが、今度はそれを地域に根ざしたものにしていかなければ。今後はロドリゴデトリアーノ産駒だらけになることが予想されるが、サンデー系とかミスプロ系の種牡馬をもう少し導入せんといかんだろうなあ。

そう考えるとペールギュントは九州に欲しかった。マイネルレコルトも九州なら人気種牡馬になれただろうなあ。

いやまあそれはおいといて、いっぱい売れましたよ76.9%。ありがとうございます。九州から軽種馬生産の火を消さないことに意義がある。競馬を盛り上げていくひとつの要因は、多様性。調教レベルは上がっているので、そろそろまた面白くしてくれそうな活躍馬が出てきてもおかしくない。熊本の馬主会におられるような「旦那」衆が支えてくれている今が、生産基盤整備のラストチャンスだろう。

セリ終了後はM野さんとO口さんと徒歩でラーメンきむらに行き、タクシーで宿に行って荷物を投げて、徒歩で天然温泉極楽湯。290円のサービスビールを飲み干してから空港に向かうお二方を見送り、宿に戻って仕事開始。今日は原稿が4つ+予想2本があるので泊まることにしたのだ。

しかし、風邪の菌に襲われたよう。やっぱり炎天下でスーツ着て、汗かいて汗ひいて体温が奪われて風邪……という例年のパターンはくつがえせなかったなあ、無念。命のパブロンを飲んで仕事を進めるも、能率はイマイチあがらない。夜9時頃にジャージに革靴という姿で気分転換も兼ねて郵便物を繁華街に出しに行ったら、北斗七星の前でY課長とバッタリ。なんでここで遭遇するねん(汗)

しかしエレベータには乗らず、ボチボチ歩いて宿に戻って労働再開。しかし1時くらいに電池が切れた。

上水社長、バイオ茶の差し入れありがとうございました!

製品の案内はコチラ→ http://www.biocha.com/index.html
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。