でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再度早起き
6月26日の金曜日もまたまた早起きして当面の締め切りを守る作業に追われてあっちゅーまに午後2時。そして深夜2時51分にまた原稿を送っているんだから、おそらくこの日は22時間くらい起きていた模様。おおよそ北海道で3時間睡眠×2をこなした人間とは思えない。ただ、あっしの労働単価は低いのよね~。だからこのまま何もせずして動かざれば、いつまでたってもこのまんま、ということになる。

で、土曜日も朝5時半に起きて原稿を3本やったら午後1時過ぎ。メシくってないし、ちょっとこの2日間合計で千歩も歩いていないぞ。

という日々を送っていれば、POGの指名馬集計表なんてできませんよ。というわけで、まだですか~という催促には週明けまで待ってくれと返事。抱えている仕事をあとまわしにして時間と手間がかかる趣味を先にやることはできん。というわけで、ようやく今日は6時間くらいねむる。

明けて6月28日の日曜日。この日は江ノ島で会合があり、また豊橋での展示品をこの近くまで届けるという案件があったのだが、車で行かねばならないお届けは断念。じつはまだ、大物の原稿がひとつ残っているのだ。
それは先日の北海道取材のもの。400字詰め12枚だから、そんなに恐ろしいほどの大物ではないのだが、それでも論旨一貫でキッチリ作らないとお話にならないものになる。ということもあり、車で行くのはやめて、電車。電車の中で原稿をガシガシ書くのである。電車の中は擬似缶詰になるのでうまく集中できるのだ。
とはいえ、車内で電話しているヤローや、いまだに電車のなかでケータイのボタン操作音を鳴らしているのがいると、その集中も雲散霧消。この電車ではそーいうタコが2人もいたんだけど、あんたら“電車の乗り方”という授業は小中学校のときに習わなかったのかいな。そのほかでも“優先席に空席があったら真っ先に座る若者”は、おそらく大半が都会以外の方だと思いますな。これまでの人生において、優先席というものの概念がないのだから、もうこれは仕方がないのだ。唯一の例外は、そういった席を“専用席”として運用している札幌市営地下鉄利用者だけだろう。

と、優先席に座った6名が全員音楽を聴きながらケータイをいじっている現状をみて、道徳教育導入に反対する人々は何を思うのかと想う。

さて、引き続き原稿の下書き。手書きのメリットは、頭の中で構成を描いて推敲をしながら書くので論旨の展開がとてもスムーズになること。浅田次郎さんも、ワープロで書いた原稿は、手書きのよりも文が乱れる傾向があるとおっしゃっている。確かに、最近はやりの上下巻の小説を読むと「このくだりってまるまるいらねえんじゃね?」と感じることもあるし。このでいりーじょぶもキーボードで作っているが、案の定というか話がよく脱線するものね。

さてさて湘南新宿ラインは快調にすすみ、早くも次は藤沢~というところ。えー、今がいいとこなのに~。そこをなんとか殴り書きして、ギリギリのところで下車。でもとりあえず絵の構成はうまくできた感じ。分量的にもなんだかこれでちょうどよさそうだ。

ひとまず安心して、南口近くの地下にあるきたならしい酒場で鉄仲間と酒を飲む。平均年齢45歳くらい。趣味の世界に意固地になる傾向が多少みられるのは、年齢が高じたせいかもしれない。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。