でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ひきこもりっすよ
6月29日の月曜日。

ようやっと「まるちち限定ほのぼのPOG」の一覧表作成というか、POG集計サイトへの登録作業が終了。参加者に連絡をしてひと息ついて、夜に原稿を2本作って0時ちょい前に明日の予習をして深く眠り、火曜日は業務遂行後にとっとと帰ってまたしても原稿と、貧乏ヒマなしを地で行く行動。それが終わったら、日曜日に電車の中で書いた手書き原稿をパソコンで打ち直して文章をシェイプアップさせる。おお、マジで下書きの分量が指定された原稿用紙12枚分にニアピン賞だったよ。

おそらくその辺が集中力のなせるわざなのだろう。やっぱりちょっと長めの文章なら手書きがいちばんだよねえ。まず、誤変換に集中力をそがれて、ふと思いついたすばらしいフレーズが飛んでいってしまうということがない。それだけでも生産性には大きな違いがあるのだ。

しかしながら、これでいいのか不安でいっぱい。なので15回くらい読み直して修正する。字数合わせをクリアして、しかしそれでも不安は残る。しかし画面をにらんでいても煮詰まるばかりなので、ここは気分転換ということで浦和競馬場に突撃じゃ。

いやいや、本来なら、最低でも4レースくらいから行けるのではと思っていたのですよ。純粋に客として。てか、別に業務エリアを取材してもどこに発表するあてもないもんねえ。いや、一応というか、南関の全重賞予想をしているんだから、それがやがて予想に生きてくるということはあるか。ま、でも今日のところは客の目線でキッチリと馬の姿とその様子を脳内ハードディスクに刻み込む。ほぼノースダンデーとクレイアートビュンの1点。

それを思い出しても、やっぱ現場に行く価値ってあるよねえ。これからもなるたけ現場には足を運ぶようにしよう。競馬の原稿を書いているのに、競馬場にも行かず馬券も買わずでは全くリアリティに欠けてしまうものねえ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.