でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月第4週
まったくこの週は何をしていたのか記憶にございませぬ。

送信履歴を見てみると、コンスタントになにか自宅でやっとる形跡がある。というわけで、おそらくこの週はたいしたトピックもなくすぎていったのだろうな。

と思ったら、そういえば週末に飛行機に乗ったんだった。

7月24日の金曜日。10時前にタラタラ自宅を出て羽田空港に向かったら、予約した飛行機が12時ちょうどでやんの。こりゃギリギリだ~という状況でそれでも11時半に空港に到着。そういえば、この日は徹夜してたんだっけ。そんなわけで、何か体に悪いものを食いたいという心境ウイグル自治区。

そこで選んだのがカップラーメン。味に関連する材料を何一つ使わなくても食品添加物だけであらゆる味を創れてしまう、あのカップラーメンである。
買ったのはモノレール改札口横のローソン。レジのおねいさんに「お疲れ様です」と言われながら会計をすませ、その場でお湯を入れて平行移動で2階の搭乗ロビーへ。サクサク食って出発15分前に金探をくぐってコーヒーを当てて(ハズレともいう)、高知行きの飛行機に搭乗である。

ダラダラとやってきたアホを待ったおかげで離陸が遅れ、到着も遅れ。もうね、出発時刻に遅れたヤツは乗せないでいいですよ。鉄道ではまず待たない。そりゃ当たり前で、定時運行をしないとその余波が別のところに影響する可能性が高いし、そもそもそいつ1名のためにその他の乗客が待たなきゃならない義理はない。
飛行機の場合は預託手荷物がある場合は見捨てることはできないが、そういうのがない客ならバサバサ見切っていいのではないか。それで暴れるヤツがいたら、警察が出動すればいいだけである。

高知龍馬空港に着いたのは15分遅れ。連絡バスは待ってくれていたからまだ助かったといえる。そしてバスは小松空港とは違い、乗客がもういないか十分に待った上で出発。午後の高知は交通量も少なく、30分程度ではりまや橋に到着。まずは荷物を宿に置いて、汗だくになったシャツを着替えてから高知競馬場に向かう。

おっと、その前に森井ちゃんへの結婚祝いを買わなくては。ということで高知大丸へ。候補は2つあってどっちにするか迷ったんだけど、なんとなくB商品を選択。ま、次のアニバーサリー?のときに、また別の物件を贈りましょうか。

さてそんじゃ行きますか、と競馬場行きのバス乗り場に行くと、どのバスが競馬場に行くのかサッパリわからん。バス停に路線図はないし、今日は畜産祭りがあるので、ここから直通バスも出ているはずなのだが、バス停にある看板の表をみても裏をみても、競馬場のケの字も書いていないのだ。おいおい、無料バスがあったころは、ここにその時刻が書いてあったぞ。ちょっと「高知競馬場へお越しの方は○○行きのバスにご乗車ください」と貼り紙出しときゃいいだけじゃないかい。これで高知の印象が悪くなる旅の者は相当いると思うぞ。

まあ、ぼくは一般旅行業務取扱主任者資格保持者だし、海外でも路線バスをけっこう使っている(乗りへぐることはあるけど)人間なので、土電バスの営業所に行って路線図をもらい、バス路線を推理することぐらいはお茶の子さいさい。いやしかしどーなんすかね。地元の人はわかっているがために、この土地が初めてという人の気持ちを想像できずに、道案内が不案内ということはよくある話。競馬の環境が向上するように、気づいたことは主催者に伝えるというのは多少でもマスコミ側にいる人間がやるべきことなのだろうと思う。そんなわけで、連載のコラムにはそのあたりを書いたのだけれど、さてさて改善されているかしら?

最終レースまでやって、夜は週末なのでお仕事三昧。それでも前日が徹夜だったので、早々にバッテリーが切れて4時起床に切り替えた。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。