でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月30日
きのうの帰宅が午前1時というのは想定外だったが、朝は5時に起きねばならん。今日から旅に出るのだ。
まずは6時の電車で羽田空港に。乗る飛行機は長崎行きである。

そんなわけですっかり機内では睡眠モード。ふと気がついてみれば、どこかの湾の上を飛んでいた。博多湾かな…と思っていたら、地形的にどうやら島原半島のよう。おお、雲仙普賢岳の上を飛んでるよ。その後は長崎本線旧線も見えたりで面白い景色。なるほど、この路線は南から進入することもあるのね。

長崎空港からはバスで市内に。ここの空港連絡バスは市内まで800円、2回回数券1200円というヘンテコな設定だ。その辺のおっさんを誘って割り勘というか、2回回数券を買って券売機前で600円で売ればえらい安くなるやんけ。と思ったが、あんまり気持ちに余裕がなかったので素直に800円の切符を買った。それでも距離を考えれば安いんだが。これもバス会社への補助金が効いているからかなあ。ちなみに大村から長崎まで鉄道で行くと720円。

バスを長崎県庁前で降りて、荷物を抱えて県立図書館へ。とりあえず昼飯をということで、館内にある食堂でカツカレーを注文。するとカレーのなかにスイカの種が入っていた。こりゃ厨房内でスイカを食った証拠だな。店内の様子や動きを見ていると、どうも惰性で仕事しているよう。これじゃあそういうことも起こるよなあ。

再び図書館内に入り、資料の探索。しかしここは資料がほとんど閉架されていて、いちいち注文せんと出てこないからめんどくさい。係員は手持ち無沙汰にしているし、仕事してて楽しいのかしら。

4階は5時で閉まってしまうので、8時まで開いている3階に荷物を置いて、歴史民族博物館へ。この建物、ザ・公共施設というものすごい立派なもので、かなり居心地がいい。天井は高いし落ち着きはあるし、やっぱ家を建てるなら金をケチっちゃいかんよね~ということを実感できる施設だ。
と感心して館内に入るも、博物館めぐりが趣味のぼくでも今日は館内には入らず。ここの1階にある資料室に用事があるのだ。しかしここの営業時間は6時まで。目指す資料はみつかったものの、全部チェックするまでには至らなかった。まあ続きは国会図書館でやりゃあいいか。

長崎ぶらぶらをしながら駅まで行き、夜食は大勝軒。池袋の店の暖簾分けだが、味はちょっと違う感じ。たぶん地元風味に変わっているのだろうなと予想していたらその通りだった。

今日の宿はグラバー亭の近く。もらったキーで扉を開けてみると、なんとトリプルルームだった。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。