でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月2日
昨夜は黒霧島720ccをほぼ2人で空にした影響でどよんとした目覚め。とりあえず耶馬溪鉄道DCを6時半に脱出して、フロに入ってから「けいばばん」の予想原稿を入れる。きのうボチボチ絞りをを入れていたのでそんなに時間はかからなかったが、無線LANにつなぐのに時間がかかったぶん、小1時間の作業となってしまった。

8時半頃に出発し、向かう先は赤村。きのうに引き続き将軍様が借りたレンタカーに応分の負担をもって乗せてもらう。しかし将軍様、北九州空港で車を借りて山口宇部空港返しの2日間で総額2万数千円って、それたぶん赤色のレンタカー会社にカモにされてますよ。
予約サイトとか使えば同じクラスの車で2万はしないはず。さらにレンタカーを小倉駅返却にして、そこから宇部空港まで電車&バスにすればレンタカー代は1万円弱になる。そうなれば「応分の負担額」ももっと少なかったはずなのだが……

ま、それは別にいいのだが、車に乗るには酒の影響で気分がイマイチ。それでも車は1時間弱で赤村に到着。今日の最初の目的は「油須原線」のトロッコ列車である。

300円のきっぷを買って、さっそくトロッコに乗車。かなり乗り心地が悪いが、トロッコなのだからしょうがない。きちんと造成された築堤や切り通し、トンネルなどを通る路線はなかなか面白い。3kmほどの往復で所要時間は30分弱だが、けっこうな満足度だった。

続いては赤駅から平成筑豊鉄道に乗って田川伊田に行き、日田彦山線に乗って志井公園、そこから歩いて北九州モノレールの企救丘に行って、目指すは小倉競馬場である。なんと今日の5Rに一口出資馬が出走しているのである。ま、メンバーを見たらええとこ4~5着かなというところだけれど、せっかくなので。

今日の前半の予定がバッチリつながって、12時40分発走の5Rのパドックにも間に合って、レースも余裕で間に合って写真も撮影。そして結果は案の定5着。まあしょうがないやね。でも6着だったらこれが引退レースだった可能性もあるわけで、とりあえず次の優先出走権を得られたことに感謝しておこう。

そのあとは普通に客としての活動に戻って、6Rの返し馬診断。新聞も見ずに18頭の入場シーンをチェックすると、2、10、14、18の4頭がよさげ。まあ勝つのは14番のタクティクスだろうから、そこから流す馬連馬単と3連単を買って、業者が変わって味が落ちた食堂のチャンポンを食いながらレースを見れば、14→2→10→18と入線。
おおすげえ、4連単でも当たってるよとチャンポンを食い続けていたら、3連単の配当が180倍とアナウンスされてびっくらこいた。ありゃ、今回の旅行代金がまるまる出ちゃったよ(笑)。前日の利益も含めると、九州に来て実によかったなあという結果である。これも一口出資馬をわざわざ見に来たごほうびかしら?

さて本日の帰りの飛行機は、北九州空港3時半発の便。ということで競馬はここで勝ち逃げ。とっととモノレールに乗って城野で降りて、徒歩連絡でJR→日豊本線で朽網へ。この駅が北九州空港の最寄駅なのだが、駅前のバス停に行ってみれば次のバスは30分あとの15時05分だと。それじゃあ間に合わんかもしれんやんけと、国道に出て別のバスを探してみるもどうやらそんなものはない模様。仕方がないから駅に戻って、15時ちょうどに来たバスに乗ってみれば、運転席にあった運行予定表には「北九州空港15時24分着」の文字。

げげげ、それギリギリやんけ。間に合うかもしれないけれど、やっぱりそのギャンブルはデンジャーだ。しょうがないからやむなくタクシーを活用することにして、2730円の出費。ちぇっ。
くっそー、時刻表に書いてある「航空便に接続運転」の文字を鵜呑みにしたオレが悪かった。今後地方空港を使うときには大いに気をつけよう。というか、北九州空港はもう使わんかもしれんね。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。