でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正解なのか?
物価が下がることを最近はよく肌で感じ、同じことをしても使う金額が減っていることを実感することが多くなった。

某大手企業の社長は、こんなことを言っていた。
>>
中国人の工員は今や年収40万円だけれど、マレーシアやインドネシアなら年収10万円で雇用できる。でもそういうところは日系企業とかそういうものへの妨害行為や金目当ての行為などがあって、現地に派遣した日本の職員も危険な目に遭うことが多い。それでも我々は、安い価格でみなさんに商品を提供したいんですよ。そのためにそういった国で命懸けで仕事をしているんです。
>>

この論理、すげえ、エライと賞賛できるものなのだろうか。

そのグループの店の末端価格は安くなって客は喜ぶのだろうが、そのおかげで日本国内の工場は壊滅状態になってしまった。もう今や、日本産のその商品はほとんどお目にかかれない。
そりゃ年収10万円の人に出てこられたら、製造原価ではかなわないですよ。でもそれって、18世紀や19世紀に欧米がやっていた奴隷政策と根本的には同じようなことではないのか?

日本も昭和の中期以降に、安くていい品を作って外国に輸出し、アメリカなどの現地産業を破壊した過去がある。ただ、当時は為替相場が今とは比べ物にならない水準。しかも日本対アメリカでは国の規模が違いすぎる。それでも現在の日本の失業者たちは、かつてのアメリカの労働者がトーシバの電器製品を叩き壊したりトヨタの車をひっくり返したりするような、そんな心情にあると思うのだけれど。しかも、今は日本が日本を崩している状態だ。

とあるキャラクターショップに買い物に行って、20品目くらいのタグをみてみたら、そのうち18個がメイドインチャイナでどよーんとした気持ちになった。この中国製で1680円のぬいぐるみ(しかも右足が左足の2/3くらいの長さしかない。こんなキャラ知らんという人が愛情もなしにマシーン状態で縫製しているからそうなるのだろう)、日本人が作ったらいったいいくらになるのだろうか。なんとなく、1680円で売れる原価で作れそうな気がするのだけれど。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。