でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3連休残り2日
今シーズンは18きっぷを買わないつもりだった。しかし今後の予定などをもろもろ考えると、買っても損はないだろうということで、発売最終日の10日に購入し、そのまま湯沢中里スキー場を往復して温泉にも入る。現地の人の話では、この湯沢中里スキー場の経営権は外資系に売り渡されてしまったらしい。そのおかげで雇用が少し減っているのだとか。昨今のスキー離れには著しいものがあるけれど、こういった面からも日本が切り取られていく様子が見て取れる。

帰りは189系使用の臨時快速、シーハイル号に乗ろうと電車を待ったら、6両編成のうち自由席は前2両でどえらい混雑。しかし自由席がどこという表示が駅に全くなかったため、実際に乗ったのは後ろから2両目だった。まあ指定席もたいして売れてないだろうと思ったら、なんと満席というアナウンス。18きっぷ期間は侮れないですな。しょうがないからデッキで水上まで耐えて、一旦降りて後続の各駅停車に乗り換えて帰宅。

11日は1時すぎに中山競馬場に到着。今日は船橋競馬の広報誌配布作業の日なのだ。
まずは貴重な労働力である栃木県民Sがダラダラしているという店に行き、そのままこちらもダラダラして、あっという間に2時50分。さてそろそろ配布物を現場に運ぶかと移動して、メインレースは内馬場のインフォメーション前のモニターで観る。おお、中山は3連複が当たった。

当初は1400部の予定だったが、大丈夫だろうと判断して600部追加。中山競馬場からこの通路を通って退出する人数を考えると、受け取り率10%くらいでなければ全部捌けない量ではあったが、中山最終が終わる頃にはザバザバ持って行かれて、京都最終が終わった直後くらいに配布終了。配っている間だった京都最終では、買っていたらおそらくハズレだっただろうから、働いていて儲かった勘定になる。イエ~イ、めでたいめでたい。
今回はぼくの友人と栃木県民Sの友人などを合わせて10名で配布部隊を形成できたのも大きかった。次回は3月の開催かな? まあ、あまりやりすぎるのもナンなので、その辺は検討課題かも。

労働後に払い戻しをしようと思ったら、内馬場発売所では入口からいちばん奥の機械が払い戻し機。競馬開催中はそれが理にかなっている配置なんだろうけれど、最終後なんだから手前にある発売払い戻し兼用機を開放すべきじゃないのか。客のなかにはその程度のことで気分を害する人だって多いんだし、そういった意見を吸い上げる機関を設けるべきではないのだろうか。そういえば競馬場ではスーパーで見かけるような「ご意見箱」を見たことがない。競馬場の人は馬券を買えないから客目線には絶対なれない。だからこそスーパー以上に「お客様のご意見」に耳を傾けねばならんと思うのだが。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。