でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月22日
てなわけで寝ないまま余裕で1月22日の金曜日に突入。しかしさすがに2時半くらいにバッテリーが切れたので、これまたマットレスが異様に分厚くて高いところにあるベッドに転がって、3時間仮眠。日本と同じシステムのモーニングコールで5時半に起こされて、再び業務の続きを開始する。

かなり気合を入れて労働したら、9時くらいに残り1本もだいたいのメドがついた感。おっ、ということは10時のバスに乗れるかも。

ということで、とりあえず東横インの無料朝食を食い、地下鉄で高速バスターミナルに向かった。

今回の韓国の目的は、土曜日にソウルで行われる新年会。ということで金曜土曜とソウルにいてもいいのだけれど、まあなんとなくやっぱり釜山競馬場には行っておきたい気分なので、釜山にGO! ということにしたのだ。
そして今回の移動手段は高速バス。ソウル→釜山のバスは3列シートのバスと4列シートのバスがあり、値段は1万Wくらい違う。別に3列でもいいのだが、ボンビー旅行ですけん4列で行くほうが面白いやんと思っていたのだ。

しかし4列バスは本数が少なく、10時のあとは11時半。ということで10時のバスに間に合いたいなと思っていたのだが地下鉄は意外とのろく、3つ前のアプグジョン駅の時点で9時48分。げげ、間に合わんやんけと気持ちはあせり、しかし地下鉄は定時運行なので高速バスターミナル駅に着いたのが9時55分。急いで地上に上がったが、どこがバスの切符売場なのかさっぱりわからなかった。なにせ、初めての場所なもので。

あれー、どこだあ? と周囲を見回した瞬間、キョンプ(ハングルです。漢字で書けば京釜)と書かれた看板が目に飛び込んできた。
そうなのよ、このターミナルって漢字表記はおろか、英語表記の看板もロクにないんざんすよ。おそるべし偉大な文字・ハングル。
とりあえず行くべき方向はわかったのでバス切符売場を探して走り、その窓口を発見……したが、料金表に釜山(当然ここもハングルだけです)の文字はなかった。ということは、ここでは釜山行きのチケットは売っていないらしい。

なんじゃそりゃーと急いでビルの反対側まで走ったら、こちらの料金表には釜山の文字が。今の時刻は9時58分。窓口のねいちゃんに「一般バスで釜山!」と言い放って20900Wを払い、チケットをひったくってバス乗り場に着いて時計をみたら9時59分40秒だった。どのくらいギリギリだったのかなと思ったらそんなんだったので、改めて自分の高いギリギリセーフ度に感心してしまった。

ともあれ無事に希望のバスには乗れたので、めでたしめでたし。韓国のバスは基本的に爆走型なので、おそらく120km/hくらい出ているであろう感覚を楽しみつつ昼寝。これから遊ぶために睡眠時間を削ってきたのである。なのでここで睡眠時間を補給しておかねば。

釜山バスターミナルに着いて地下鉄に乗り、競馬場行きのタダバスが出ているハダン駅に行けば、その姿は無し。しょうがないからタクシーで競馬場に突撃したのだが、運転手のじいさんはケータイを2台持っていて、それぞれの機械でしゃべりまくりの道中。しかも途中でトイレに行ってくるからと2分くらい置き去りにされた。おめえ、その時間もメーターは動いているんだっつーの。

そうやってようやっと到着した釜山慶南競馬場だが、すでに残り2レースの時間。ビシッとパドック診断をして当てようとがんばったんだけれど、今回はノーホーラでございましたよぐっすん。釜山の最終レースで1番人気馬を無理やり嫌って2,3,4,5着の3連複ボックスを買ったのが失敗だった。1着馬がいなければ万馬券だったのに(涙)

と悲しみつつも夜は鍋で焼酎痛飲。帰りがけに乗った地下鉄車内で「なんで日本人が乗っているんだ」とイチャモンをつけられたが、正義の釜山市民が助けてくれたので助かった。でも、口火を切ったおっさんと正義の釜山市民とが口論している間、ぼくはそのおっさんのすぐ斜め後ろにいたのに鉾先がこちらに向かって来なかったのが謎。単に文句を言いたかっただけの酔っ払いなのかしら。ともかく正義の味方にはカムサハムニダを何回も言って、地下鉄を降りる。

今日のお宿はまたまた東横イン。焼酎を冷ましつつ今日も2時半まで業務にまい進。夜寝ないのは、昼遊ぶため……、というその気持ちの勢いで、↑のコメントを書いたらしい。というのも記事を書いた記憶が全然なく、翌日になって更新していることに気づいて自分でビックリしたくらいなのだ。謎だ…
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。