でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとオフ
ダービーも終了。
そして明けて火曜日からはオキナワである。

例年、この時期のオキナワ行きのツアーはかなり安い。そりゃそうで、現地は梅雨のまっさかり。沖縄気象台の過去データを参照してみても、この時期の日照率は0~20%くらいなのだ。行ったら雨で外に出れずという可能性はかなり大きいが、スケジュール的にはこの時期にしか行けないことが判明。しょうがないので、梅雨と勝負するかという気持ちでツアーを予約したのだった。

ちなみに泊まる宿は、ホテル日航アリビラ。トップシーズンに行くと、2泊3日で15諭吉くらいかかる宿である。

その初日はいきなりの豪雨からスタート。首都高の渋滞表示をみると、×印が5つもついている。さらに東池袋から竹橋までの所要時間が70分だって。それには付き合っていられないので、中台→王子→中央環状線→お台場→大井南というルートを選択し、ほぼ予定通りの時刻に到着できた。中央環状線はありがたいねえ。

今日はカードラウンジに入れない人だったので、それ以外の場所でネットを……と思い、自由につなげますよ~という看板を出しているカフェに行ってみると、BBの会員じゃないと接続できないとのこと。ぼくの前にいた人も店に入らず退散していたし、これ看板に偽りありですよ。店員に聞いてみると、受付でそれがわかって帰る人がたくさんいるとのこと。わかっているなら直せっつーの。

それはおいといて、11時45分発の500人以上乗れるジャンボ機に推定80人の客を乗せた那覇行きは定時運行し、無事に着陸。着いてみたら、小雨くらいの天気だった。

猛牛レンタカーで車を借りて、まずは首里城へ。ここで働いている人が競馬ワンダラーの視聴者様で、沖縄編のときにいきなり「ワゴン車で来たんですか?」と聞かれてびびった場所である。中に入るのは3回目だが、新しい建物ができており興味深く拝観。湿気と戦う木造建築の工夫もみてとれた。

馬場の近くにあるサータアンダギー店は予定数終了だったが、県立博物館近くにある看板もない沖縄料理店が大ヒット。最初に行ったガイドブックにも載っている店が満員だったので、駐車場のオヤジのおすすめということで行ったのだが、これはいい店を教えてもらった。

満足して沖縄自動車道に経由で嘉手納方面に向かう。途中で大スコールに遭遇して、沖縄の梅雨の底力を知る。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。