でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月火水
月曜はお仕事を終えたあとブレストをして、それからつけ麺を食ったら、皿に乗っかっている麺がなくなったその刹那、

「お下げしま~す」

と店員が風のように通り過ぎていった。

ええ? 早くねえっすか? と思ったのだが、こちらはスープの器を口に近づけている状況である上に、麺の皿を下げるなと断りを入れる理由にも乏しい状況。というわけで、なされるがまま。となりのねえちゃんもとなりの兄ちゃんも、スープの器だけをぽつねんと持って、細かいことはいいからさあ、おめえの仕事は食うことだよという北京ダッグ肥育場みたいな立ち位置にさらされてしまった。

あのさあ、店員。この店ってそんなに急いで下げないと、次の客に出す皿が用意できないのか?

ちなみに空席待ちで並んでいる人はゼロ。そこで受けさせられたモヤモヤ感は、もうこの店には来ないという道につながり、そして実際そうなった。となりのねえちゃん2人組も「早く帰らせたいみたいだね」と小声で言っていた。空いた皿を見つけたら下げるとパブロフの犬状態で行動するマシーン店員は、味のよしあしよりも客離れの原因につながる可能性が高いというよき具体例だと思った。お客様と接するときに何を第一に考えなければならないのか。20年前にディズニーランドでバイトしたときに強く感じ、そして学んだこと。優先すべきことはなんなのか。自分としてそれはどんなことがあっても絶対に譲れないことである。

ということは家に帰ればすっかり忘れて、火曜日も水曜日もいろいろ自宅労働。今年の1月に右手が腱鞘炎になってそれが全然治らないでここまできているのだが、さらに左手まで腱鞘炎になってしまった。というわけでサロンパスを両手首に貼って労働、そして外出。
浦和のゴールドカップは大ハズレになってしまったが、ボランタスの返し馬の雰囲気はよかったなあ。あれを見た瞬間に、公開した予想原稿のハズレを確信したものね。ボランタスがいなけりゃ3連単ズバリだったのに。

それでも最終レースは1点勝負でズバリ的中。意外とついたので今日のトータルはソコソコの黒字になった。というわけで、その資金で回る寿司屋にレッツゴー。ありがとうございます。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。