でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月1日
昨夜は藤川球児がマウンドに上がったところで悪い予感がした9回表。おそらく相当数の阪神ファンが同じ想いを抱いたに違いない。そしてそういう予感はだいたい的中する。パドック診断で消せる人気馬みたいな感じでしたわ。うーむ。

というわけで下半期最初の金曜日。幸いなことに原稿も少なく、あらかたきのうのうちに終わらせられた。頭痛も宿で野球を見ていたらなんとなく消えた感じ。おおかた精神的なものが原因なんだろうなあ。

さて、今日は7時過ぎに起床。原稿の仕上げをして8時半くらいから明日の朝締切の分にとりかかろうと思いつつ、時刻表を確認。今日は、特急はまかぜ号に乗りにいくのだ。
9時36分発か12時10分発の2本があるのだが、まあのんびり12時ので行くかなあ~、と思っていた。それまでの間、少しでも仕事を進めておこうと。

そこで、そういえば、と気がついた。特急はまかぜ号で終点まで行ったあと、BAOO鳥取岩美に取材がてら突撃しようと思っていたのだ。今日はどこの馬券を売っているのだろう。

……げげ、荒尾と名古屋? てことは、12時のはまかぜで行ったら閉店しているじゃないの!

大急ぎで原稿を送信し、部屋を片付けて洗顔して9時にチェックアウト。9時10分の環状線に乗って大阪駅には9時23分着。特急券を買ってコンビニで食料飲料を買ってホームに上がると、すでに181系が煙を吐いて待機していた。
1両目は指定席。外からみると、6名ほどの客はすべてその筋の人。2両目のグリーン車も4人くらい乗っていた。はまかぜのロザに乗るくらいだから、まあそういう方々なんでしょうなあ。そして3両目と4両目は自由席。3両目が6人で、4両目が5人だった。まあド平日の特急だから、こんなもんでしょうなあ。

というわけでまずはディーゼル特急の本線疾走を堪能。なかなか気合が入ってますな。ここがある意味、ハイライトかもしれん。姫路からは10人くらいが乗ってきたが、ガラガラには違いない。吸盤式一脚を窓に貼り付けて車窓を撮影しているおっさんが2人いたし、豊岡から先の自由席車内は全員その筋の人になっていた。その影響か、車掌は全然回ってこず。

終点の浜坂で速攻折り返し、余部まで逆行。架け替えられた余部鉄橋を見学しようと思ったのだ。いやはや、聞きしに勝るすごい駅ですな。明治の人はよくこんな橋を作ったものだ。そして平成の人はよく1ヶ月で付け替え工事を終わらせたものだ。

と、しばし周囲を散策し、余部鉄橋のたもとから東京に業務の電話(泣)。まあいいや、こういうところでかける電話なら、精神的にもすがすがしい。

余部から浜坂に戻り、接続の鳥取行きキハ47に乗車。次はBAOOということで岩美駅で降りたら、ここじゃないってさ。ということで、1時間後のキハ47で大岩駅に移動。今からだと名古屋が2レースと荒尾が1レースしかできんけど、まあいいか。
ということで、速攻で両方の馬券を買ったら同時発走。右目で荒尾の画面を追い、左目で名古屋の画面を見るというヒラメ状態になってしまったが、荒尾は1コーナーでハズレを確信したのであとは名古屋に集中。とりあえず堅い3連単的中で荒尾の分もカバーできたぞ。
最終レースは16時45分発走。しかし列車は16時50分発。案内所のおねいさんから、ここで買った馬券は他のBAOOでも払い戻せると聞いたので、ちゃんと勝負して向正面で的中を確信したところで駅までダッシュして列車には間に合った。

今日の宿は鳥取駅前なので、早々にチェックインして街を散策。ダラダラして宿に戻ってからは、通常通りの業務にまい進する。明日は原稿を1行も書かないデーにするためには、ここでがんばらねばならんのだ。というわけで寝たのは2時半。明日は6時に起きようっと。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。