でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月1日
というわけで、11月1日の月曜日は船橋と府中の同時開催。
以前、雪の影響で府中が月曜に順延して2月の祝日に浦和と同時開催したことがあった。そのときは浦和の売上はたしか3億円台(いつもなら6億前後)。ぼくは午前が浦和で午後府中とハシゴしたのだが、浦和は祝日にしてはガラガラ、府中は祝日開催でいつもと変わらんという雰囲気だった。
ちなみに同日の園田は売上が1億円を割っていたから、やはりJRAと同時開催というのは都市部の競馬場にとっては厳しいようである。

さて、さかのぼって土曜日。この日は午後2時頃に出発して船橋競馬場に荷物を取りに行ったわけだが、高速を走っていても全然台風という感じがしなかった。こんなんだったら、今年の8月に天気図上では強風域に入っているのに開催した船橋競馬のほうが雨風がひどかった。東京都江戸川区や船橋市と府中市では天候が違うのかもしれないが、個人的に天気図(高層天気図と雨解析図)を見ても、台風の影響はさほどなさげと金曜日の時点では思っていた。

それがあっさり中止でちょっと驚いたのだ。

木曜日に土曜日に実施されるJBCのPR作戦in東京競馬場の打ち合わせとかを複数の方としたのだが、その時点でかなり中止の含みがある印象を個人的には受けていた。そのとき直感したのは、
「土曜の開催を中止するんだったら、競馬をド平日の月曜日に開催してどのくらい売上があるか実験するという意味もあるんじゃないか……」
結果、土曜の開催は中止され、順延された月曜日は昨年の土曜日に比べて売上増。これ、今後への大きな布石になるんじゃないかしら?
法令上のシバリがあるのかは不明だが、3場開催のときは主場を土日、ローカルを日月にする方策は今後考えられそう。土曜の福島の注目度は東京京都の陰に隠れて相当に低いが、月曜に行うのならスキモノの目が一気に注がれることになる。普通に売れる東京競馬でさえ、土曜開催より月曜全国発売のほうが上という結果が出たのなら、この方向性が継続的なるいうことは十分に考えられる。

そうなったとき、南関競馬は苦しくなる。JRAの月曜開催がローカル限定だったり南関がナイターならばまだ影響は少ないだろうが、中山東京をスライドさせてきたとき……。
そうなったら、火曜や水曜の開催を昼浦和→夜大井でリレーするとかの対策が必要かも。あっさり火~金の4日間開催にするという手もあるけれど。いずれにしても少ないパイを巡っての攻防戦が本格的になる日は近そうな気がする。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。