でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月19日
水曜日に金沢から帰ってきて、木曜日は自宅軟禁。ちょっと仮眠だけして金曜日も夜明け前から働くが、出発時間までに終わらず……

あと1時間くらいなんだけどなあ。ま、続きは外でやればいいか。ということで先日の東金沢→東京都区内のきっぷの続きを利用して、それを有効活用すべく蒲田まで乗る。東口に出てみると、羽田空港の国際線ターミナルができたことで、快速バスが新設されたらしい。ということでそれを狙ったのだが、ちゃんと表示を見なかったせいで違う乗り場で待っていた模様。でもけっこう使えそうな予感がするので、こんどは間違いなく乗ることにしよう。

というわけで各駅停車の路線バスで羽田空港第2ターミナルへ。今日は高知から「売店の平田さん」がやってくるのだ。というわけでお出迎え。飛行機の到着予定時刻まであと30分ほどなので、到着ロビーで原稿をやる。ついでに午後3時締め切りの原稿もやる。平田さんがご到着。しかし原稿が終わらんので30分ほど待っていただく……。

しかし平田さん、荷物が巨大ですよ。聞けば、手荷物制限ギリギリだったとのこと。てことは20kg?
確かにそのくらいのズッシリ感がある。そのほかに、機内持ち込みにしたコロコロキャリーバッグ、ポーチ、紙袋、手提げ袋、カメラバッグ……。おそらく全部で40kgくらいか。国際線ターミナル見学まではカート利用で楽々も、そこから先は自力運搬。ビニール袋に入った大荷物を持ち歩いている姿は、ちょっとした路上生活者に似たりである。

おおむね予定通りに3時半前に川崎競馬場に到着。協賛レース開催の特典である、専用個室が予約されていなかったというハプニングはあったが、なんとか「優駿の門アスミ」チームのご厚意でそこに拠点を構えられることに。作画の早川恵子さんとは2回目の対面。監修のやまさき拓味さんとは初対面だったが「競馬ワンダラー」のヘビー視聴者であるとのこと。そんな言葉に恐縮しつつガチガチの認定戦で手堅く儲けて5レースからは下に。

あとは「競馬総合チャンネル」にも書いたので重複は避けるが、場内ではいろんなできごと満載で超充実。8レースからは藤盛くんもやってきたので、2レースだけちゃんとした競馬活動をする。最終レースが終了したら、今日はここで退散。藤盛くんと川崎コアゾーン経由で駅まで歩いたが、この街は警察の取り締まり活動のおかげでエキサイティングゾーンではなくなってしまいましたな。かつてショールームで営業していた人はどこに行ったのだろうか?
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。