でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小旅行
土曜日は起きたら朝6時。本来は金曜日が締め切りの原稿を積み残していたので急げーと業務に入ったが、どうも胃の調子がイマイチ。ということで東横インの朝食は放棄して、12時すぎまでパソコンと向き合うことにする。それでもおなかへったーとならなかったのでよかったよかった。

業務終了後は港の見える窓辺でちょっとヒルネ。陽も射しこんできて超きもちE~。このまま寝てしまうのもいいかな……と思いつつ30分ほどウトウト。でもせっかくだから行動しようと思い立ち、国鉄のホームページで列車の時刻を検索する。行き先は50kmほど西にある昌原という都市だ。

……げげげ、13時発の次は17時かよ! うーむ、チャンスを逸したなあ……と思ってまたウトウト。でも、そこでハタと思い立った。乗り継いで行けばいいじゃんか。

ということで、釜山→密陽/密陽→昌原で検索。すると、13時45分発のセマウルなら密陽で10分接続で昌原方面行きに乗り換えられることが判明したので、急いで釜山駅に突撃!
釜山駅の窓口では人々がとぐろを巻いていたのでびびったが、自動券売機は1人待ち程度だったので発車5分前に無事きっぷを入手。韓国国鉄は無札で乗ったら割増運賃を取られるのだ(改札はない)。
急いでコンビニでおにぎりを買い、1番線に停まっていたセマウル号に乗車。続いて密陽できっぷを買いなおしてムグンファ号に乗れば、なんだい、線路が完全に新線に付け替えられているじゃないか!
そういえば、馬山まで韓国新幹線・KTXが直通するようになるという記事をどこかで読んだ。ここも単線だったのに、オール立体交差の高規格鉄道になってしまったのね……

という30分の汽車旅(牽引はディーゼル機関車)を終えて昌原駅に到着。市内バスに乗り換えて、目指すは昌原競輪である。

ということでやってきた競輪場はドーム型。なので光明とあんまり変わりがない。とりあえず場内を1周して3つのレースだけ参加して、競輪場を後にした。観たレースはすべて、全員自力型のなかで一番強い選手(人気の中心)が目標にされて、ゴール前でチョイ差されて2着という結果だった。そろそろ韓国競輪もラインの概念を導入したほうがいいと思うんですけど……。
続いて徒歩15分の場所にある場外馬券売場に移動。現場はビルの3階と4階で、たとえて言うならAiba札幌駅前みたいな感じだ。ちなみに2階はアウトバック・ステーキハウスである。本当にビルのテナントという状態なのだ。
到着したのが最終レース締め切り3分前だったが飛び込みは思いとどまり、レースだけ観戦。今回は昨日の馬券を払い戻すのが目的なのだから。

目的を達成したあとは帰るのみだが、市外バスターミナルへ行くためのバス停に行くとEマートの姿が見えた。さすがにハラ減ったし、おみやげを買うなら今のタイミングだなと思ったので予定を変更してEマートにレッツゴー。というわけで晩飯は6500Wのトンカツ&オムライス。続いてお茶や昆布などを買って大荷物でバス停に戻り、市外バスで釜山のバスターミナルに着いたら夜9時。西面の書店に寄るつもりだったけれど、さすがに疲れたので今回はパスとする。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。