でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月末まで
23日からは赤本的牧場取材で北海道。まず水曜日は浦河地区から静内地区に移動して、木曜日は浦河で宿泊。金曜日にBTC周辺を取材して、レコードの湯に宿泊して週末の原稿と勝負。いろいろ宿題があってのんびりと長風呂ができない心境なのがねえ。
土曜日は静内近辺で取材をして、昼すぎに帯広に向けて移動。昨年は雪のなかで大変だったが、今年ははたしてどうだろうか。
と案じてみれば、峠のトンネルまでは乾燥路面。楽勝やんけと思ったら、トンネルの向こうは雪国だった。
水曜日は乾燥路面だったのに~。幸い、後ろには車が全然いないので50km以下を守って坂を下る。シャーベット状にはなっているが、トンネルの入口と出口、雪覆いのところは凍結しているから見た目より危ない。と思っていたら横滑り。ここでブレーキを踏んだらさらに滑るというのは経験済みなので、ギアを落として対処する。
やっとスリップをクリアしたと思ったら、いきなり目の前に大きな黒い物体が。なんじゃ?と思ってよく見れば、横転したRV車だった。前照灯は点灯しているし、どうも横転したてのホヤホヤらしい。
車内の人は大丈夫なのかと思ったが、こんな下り坂の凍結路面で路駐したら二次災害のリスク大。このエリアはケータイが主要3社とも圏外なので、麓に下りたら110番してあげよう。

というわけで無事に山を降りて110番。車の通行量は少ないけれど、つるつる路面にいきなり横転した車が現れたら、よけきれないorよけて自分も滑って事故ってしまいそうだ。雪道慣れしてスピードを出せる地元の人ならなおさらに。

とりあえずこちらは無事に帯広に到着して、宿に荷物を置いてから帯広競馬場にレッツゴー。8時すぎに宿に戻ってからはダラダラとしてしまった。何があるってわけじゃないけど、なんかダラダラとテレビ見たりニュースサイトを見たりしてしまうのよね。

そして翌日はばんえい記念を観て、取材してから最終便で都内に戻った。明日は広島県福山市に行くのだが、スケジュールを考えると今日は夜行に乗ったほうがよさげ。今のコンディションでホテルに泊まったら、逆に起きられなくなってしまいそうだ。
というわけで、ムーンライトながらに乗車して、名古屋で原稿を仕上げることに。というわけで発車20分前に指定券券売機で空席をチェックしてみたら、なんとあっさり指定券が買えてしまった。これって震災の影響か、それともながらの人気が低下したのか……。意外だけれど、なんだかさみしい話だ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。