でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月13日
おお、13日の金曜日。今気づいた。

週末の原稿が2本あるので、6時に起きて粛々と進め、11時に翌日の分までメドがつくくらいに終了。あーしんど。
とりあえずメシを食って、ヨンドンポ駅からムグンファ号に乗り換えて、今日の目的地は長安にある独立記念館である。ここは韓国の小中学生が必ず一度は訪れると言われている民族アイデンティティ養成の場所なのである。

長安駅から路線バスで20分、目指す施設が見えてきた。しかし入口から記念館本体まで700mもストロークがある。その記念館本体前には安重根のハルピン駅でのモニュメントが。さすが、この辺から日本のふにゃふにゃ歴史観との違いが歴然としているぞ。
あんまり時間もないので、1号館をショートカットして2号館から観覧。うぉぉ、ここで軍隊に入りたてと思しき若者に囲まれてしまったっ。そして展示物は日韓併合。これはまさにアウェー。完全にアウェー。

ゥエイルボンサラミヨゲイッソヨ?(何で日本人がここにいるんだ)くらいの難癖襲来があるかと身を縮めて見学していたが、軍の諸君は遠足ムードで展示物などはロクに見ないで先に進んでしまった。というわけで、すっかり安心して蝋人形と石膏人形の数々をじっくり見学。日本にとって厳しめのところは、説明文に日本語併記がないというのは先方の配慮か?

我々にとってメインとなる2~5号館まではじっくり歩き、7号館で4D映像を観覧。したらば、7号館Bの観覧時間が終わってしまっていた。ここに体験コーナーがあったのに~。しょうがないから横にあった竹島の展示をじっくり見学。日本の教科書も展示されていた。今、調べてみたら、韓国政府の教育科学技術部プレゼンツによる、初の「独島展示会」だったらしい。いや~、ハッキリ言ってこれじゃあ日本の負けですよ。日本も国立民族博物館とかでこういう企画展をやれっつーの。
そのなかでアレレ、と思ったのは、竹島周辺の海底にはメタンハイトレード層があるという展示。単純な領有権の主張だけじゃないのね。うーむ。
その後、もう一度2~4号館を見直していたら、すっかり閉館時間。急ぎつつ高速バスでソウルに戻り、明洞で友人と合流して焼肉→屋台村で解散は0時すぎ。地下鉄に乗ったらほぼ終電だった。しかし屋台村の周囲の人々は帰る気配なし。金曜だから朝まで飲むのか、それともタクシーが安いから時間を気にしないのか?
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。