でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月23日
12月12日からの週は川崎に行って全日本2歳優駿を観たりいろいろもろもろあったのだけれど、基本的には自宅にこもるデー。あとは美浦トレセンに行ったくらいですかね。

というわけでもうワープしてしまって12月23日。荒尾競馬の最終開催日である。年末の3連休ということで航空券もド高めになっているのだけれど、快楽亭ブラック師匠が22日の夜に毒演会を開催する関係上、23日の早朝便での出発となった。

というわけで、ちょっとでも電車が遅れたら離陸時刻に間に合わないという乗り継ぎながら無事に羽田空港に到着。飛行機のなかで師匠は原稿用紙にペンを走らせ、こちらはパソコンを開いて業務遂行。この週は水曜木曜に外仕事が入ったので準備しておこうと思っていた原稿仕事が遅れ気味。なのでスキを見つけたらやっとかないとシャレにならなくなっているのだ。

飛行機は無事に福岡空港に着いて、レンタカーで荒尾にGO。着いたら3Rくらいだったが、場内はやはり普段と比べると大混雑。競馬新聞をまとめ買いして2階のラーメン店の行列を眺めれば、たくさんの知人に遭遇。やはり最終日には全国の競馬ファンがたくさん来るのね。

荒尾は自動発売機が少ないので、客がいない時間帯を見計らって最終レースの単勝全部買いを敢行。ひととおり場内を回ってから、事務所内で1時間ほどお仕事をする。荒尾には今年だけで4日来ているけれど、そのすべてで開催時間中に原稿を書きました……

6Rあたりから現場に復帰して、あとは最終9Rまで客活動。メインの3連単は外したが、最終の3連複160倍はめでたく当てて、今日の収支はプラスになった。よかった、最後のレースを的中できて。

太陽が地平線近くに到達するまで荒尾競馬場のコースを散策し、体が冷え切ったところで七城温泉に移動。今日はブラック師匠、T場長と3人で川の字になっての合宿なのだ。

しかし、朝が早くて競馬場ではテンションが上がっていた反動なのか、7時半に夕食を食い始めて9時に膳が下げられて、部屋に布団が敷かれたらなんとなく横になってしまい、ウワ!寝てしまった! と飛び起きたらほかの2人もすっかり寝ていて二度びっくり。時計を見れば9時半じゃないの。これじゃあ老人会の旅行ですよ。
でも個人的にはそのほうが都合がいい。ということで目覚ましを1時55分にセットして、温泉旅館の夜は早々にサイレントモードになった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。