でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月16日
ソウルは朝4時から路線バスが走っているから、ネットカフェで少しビバーク→バスという避難方法もありやね。でも寒い時期はそれも難儀。しかし国鉄ではソウル駅に朝3時半に着く特急列車とか運転しているのだけれど、それで到着した人々はどうやってそこから移動するのだろう?
前に釜山から夜行列車でソウルに4時半に着いたときは、ホームレスの皆様と駅構内のトイレで洗顔したりしつつ、5時半から動く地下鉄を待ったのだけれど、列車から降りた人々はわりとすぐにいなくなっていた。やっぱりタクシーで家に帰るなり24時間営業の健康ランドに行くなりしていたのかしら?

そういえば、昨年5月に屋台村に行ったときも、0時過ぎなのに周りの宴会グループに帰る気配がみられなかった。これもやっぱりタクシーが安いから地下鉄の時間を気にする必要がないってことなのかしら?

それはともかく、今朝の起床は4時。そのまま競馬場に移動して調教見学をさせてもらう。特に目に付いたのは調馬索で馬をぐるぐる回している人の姿だった。競馬場でやっているのは初めて見たぞ。育成や調教がグダグダというのがこの地の馬がまっすぐ走らない理由と認識していたけれど、そういえばゲート入りやパドックでごねたり暴れたりする馬はほとんど見ない。ということは、調馬索を使った乗馬ウマっぽい調教を通して、人と馬とが信頼関係を築けているという側面もあるのかなあ。

いろんなことを見ておくものだ、と再認識しつつ、朝7時すぎに競馬場を脱出する。ちなみに気温はマイナス8度。でもそれほど寒さは感じませんな。いや、立ち止まっていると超さむいわやっぱ……

7時半頃にやっと日が昇り、8時前に宿に戻って朝食を食ってから一旦ヒルネ。10時頃に起きて締切原稿を1本終わらせたところで電話で呼び出されたので市内中心部方面へ。そして買い物してメシ食って買い物して市場の悪徳オヤジと戦って値切ってメシ食って、という展開で今日は早めに宿に帰還。夜9時半頃に思い立ってソウル駅まで行き、11時半頃に宿に戻ってきたら、駅前にはナイトマーケットの屋台がたくさん設置されていた。月曜の夜なのに、そして外はかなり寒いのに。
これで営業的に成り立つのかねえ? と不審に思ったのでちょっと散歩してみたら、意外と歩いている人が多くてびっくりした。ここにいる人々の生活リズムはどうなっているんかいな。この近所のファッションビルなんて、営業時間が夜8時から昼2時までという、わけわからん設定だし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。