でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月24日
てなわけで初めて泊まった木賃宿ではあるが、ドミトリーではないのでそれなりに安全は確保されているわけで?、関西ローカルのテレビを見つつ荷物整理をして0時半頃には就寝。寝る前にトイレに行ったら誰とも会わなかったが、やっぱり無施錠で部屋を空けるのは警戒せにゃならぬ。つまり、貴重品は全部身につけてトイレってことになりますな。
しかし部屋にはパソコンも置いてあるわけで、トイレはトイレでも用事がビッグな場合には、それも持って出るのがベターということになるのだろう。朝6時には「今日は仕事がなかった……」という香りを発散させているおっさんと廊下ですれちがったし、やっぱり常に警戒は必要だ。でもねえ、こんな西成でも外務省が「注意」ぐらいの情報を出している、たとえば南アフリカのケープタウンあたりに比べると、数倍数十倍に治安がいいのよね。日本は平和ないい国だわ……。
DSC_0300.jpg

という国から今日は抜け出す日。7時半の南海電車で関空に行き、まずは航空券を受け取る。シンガポール経由デンパサールなのだけれど、カウンターではシンガポールまでしか発券してくれなかった。シンガポールまではジェットスターで、そこから先がバリューエアーだからかしら。まあしょうがない、ということで続いて行く場所はラウンジ。ここで宿題として残っていた原稿を作って送る……のだけれど、無線LANの電波がよわよわ。仕方がないからコーラ1杯で退出して、国内線エリアのビジネスコーナーで接続して無事完了。今週は原稿少ないウイークなのだけれど、前倒しでやれることはなんでもやっておくのだ。

続いて郵便局でスーツ入れのかばんを自宅宛に送る。ということをしていたら9時半を回ったので、出国手続きへ。搭乗口に着いたのは出発20分前だった。いい感じ。

さて、今回のシンガポール経由デンパサール行きの航空券は、すべて込みで15802円。しかもジェットスターが欠航したときにお詫び料としてくれた8000円のバウチャーを使っているので、支払い手数料を加えても8千円ちょいしか払っていない。チョー激安でうれPけれど、会社は大丈夫なのか心配になる。で、乗ったら案の定、搭乗率30%程度とガラガラ。6時間半も乗るこちらにとってはありがたいのだけれど。
とりあえず離陸後はすぐ寝て沖縄あたりで起きて、再来週の水曜日が締め切りの原稿をヒマつぶしを兼ねてやって、それが終わったら本を読んで、そんなあんばいで現地時間17時すぎにシンガポール着。

で、ここからが想定外だった。当初の予定は、明日の朝7時10分発のデンパサール行き航空券を受け取ってから街に出て、終電で空港に戻って出国検査を受けて、トランジットホテルかシャワーラウンジで寝るというものだったのだけれど、乗り継ぎカウンターに行ったら「デンパサール行きの航空券は出発2時間前に、外に出たところにあるジェットスターのカウンターで受け取れ」と言われたのである。げげ、それじゃあトランジットホテルが使えないっつーことじゃないの。

エアアジアなら自宅で航空券を印刷できるから、そんな問題は起こらないのだけれどなあ。ちょい誤算。じゃあヒマつぶしに無料の市内観光を使うかと思ったら、15分前に最終便が終わっていた。となれば空港内で仕事して、終電で街に出て始発で戻ってくるか……

という想定でパソコンを開いて原稿仕事を始めたら、だんだんめんどくさくなってきた。そもそもこういう状況でカジノに行っても勝てるわけがない。ということで明日の朝まで空港内にいることに決めて、ビジネスコーナーで明日の昼までの原稿を2本終わらせる。という一連の行動が終わって、もうやることないやーとなったのが午後10時。空港内を散策してメシ食ってということをしていたら、だんだん眠くなってきた。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。