でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月25日その2
我々3人が乗っている車はバリ島の北西部にあるミンピリゾートの送迎車なのだが、地図を見ておそらく海岸沿いに行くのだろうなと思っていたのだ。しかし車はどうやら北上している様子。そしてセンターラインはあるけど車同士がすれ違えないじゃねーかよという狭いうねうね道を登り始めた。

「view point」
と、運転手が車を止めたので、外に出て写真撮りつつ少し散策。30℃を超えていたと思われる下界に比べると、すいぶん涼しくていい感じだ。高台からの眺めも日本の風景とは違って見える。木の種類が違うからかな。

そのうち、この時期特有のスコールが降り出した。前を走るバイク集団もカッパを着るために路肩に止まっていたが、丸腰のまま雨のなかを疾走するバイクも多い。つまりこんなのにはもう慣れているってことなのかな。

そのうち右側に大きい山が見えてきた。どうもあれが世に名高い「キンタマーニ」らしい。おお、これがあの有名な船橋所属馬の名の由来……。エロマンガ島、スケベニンゲンと並ぶ世界三大地名の場所を見られたので、表定速度の遅い山道が続いても余は満足じゃ。

でも、北海岸沿いの平地に降りたら時速100kmを出し始めた。学校帰りの小学生も歩いている道なのに~。そんなことにはまったくお構いなしのマイペース運転はしばらく続き、およそ4時間でミンピリゾートに到着。すでに硫黄の香りが感じられるここは、温泉リゾート。さっそくフロ……に入る前に宿題を終わらせよう。と思ったら、wifiがつながらない。事務所に行って事情を聞くと、多くの人が使っているからだよ、だって。そんなに客がいるとは思えないのだけれど。仕方がないから事務所のパソコンを貸してもらって、フリーメール経由で原稿を送る。日本語入力が使えないから文面は英語……。

送信が終わってから改めて自分のPCでログインしてみると、あれれ、今度はつながった。というわけで、念のためもう一回送信しておく。ということでスッキリしたので部屋併設のフロでのんびり。その横にあるシエスタ用の場所で30分ほどうつらうつら。遠くからはおそらく欧州系の人の野獣な声が聞こえる……ZZZ
mimpi1.jpg

18時頃に在インドネシアのKさんと横浜在住のK原さんが到着したので、レストランに行くことに。リゾートホテルとしてはまことに良心的な価格で満足度は高かった。うーむ、1泊だけではもったいない感じだなあ。温泉プールに入らなかったから、せっかく持ってきた水着も使わなかったし。
mimpi2.jpg

宴会後は高床式の広場で行われているヨガ教室?を見学して、もう一度フロに入ってから就寝。しかし硫黄の効果か体がほてってしょうがない感じで、さらに蚊の攻撃も食らったので睡眠に入るまでにちょっと時間がかかってしまったのがちょっとマイナスでした。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。