でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月27日
スラバヤには1泊だけ。人口300万人の都市だから、商業施設やスラムっぽいところも見て回りたいところだけれど、今回はスケジュールの都合で車窓観光のみ。それでも下町っぽいところはちょっとだけ見学できた。しかしインドネシアはどこもそうだけど、こんな大都市で地下鉄もモノレールもない、公共交通機関はバスだけというのはこれから先が厳しいですわな。なんとかなっていくのかしら。

という喧騒の街、スラバヤも朝5時は空気もさわやか。5時半にKさん宅前からタクシーに乗り、ぴったり10万ルピアで空港に到着。ここからジョグジャカルタまで飛行機で移動するのだ。利用するのはLCCのライオンエアー。列車で行くと5時間だけれど、飛行機なら1時間。37万8千ルピアのプロモ料金で買った航空券だけれど、乗ってみたら80人乗りくらいのプロペラ機は、ほとんど満席だった。
wings.jpg

軽くねむって無事にジョグジャカルタ空港に着陸。空港出口のところに観光タクシー案内所があって、そこで空港→ボロブドゥール→ジョグジャカルタ市街でオーダーすると、あっさり16万8千ルピアで確保できた。カウンターのなかにはコース料金の一覧表があったので、観光地らしく定額で提供している様子。ボッタクリに遭う心配がなくなったのですっかり安心という気分で青色のタクシーに乗って、ボロブドゥールまで1時間弱。現地に着いたら2時間待機してくれるとのことで、荷物もトランクに入れっぱなしにして行けるから大助かりだ。なんてったって車を降りると帽子売りがわらわらと寄ってくるほど、相当にきつい直射日光の下なのである。
でもこちらは帽子売りは相手にしないで持参のタオルを頭に巻く。陽射しは厳しいとはいっても気温は30度くらいだから、あんまり不快な感じはしない。
park.jpg

entrance.jpg

(Wikipediaから引用)
ボロブドゥール遺跡(ボロブドゥールいせき、Borobudur)は、インドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地に所在する大規模な仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界最大級の仏教寺院であり、「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。インドから東南アジアに伝播した仏教は一般に部派仏教(上座部仏教)と呼ばれる仏教であったが、ボロブドゥールは大乗仏教の遺跡である。

ガイドブックの写真ですごい建造物であるということは認識していたけれど、間近で見るとすさまじくでかい。まずは最上段まで上がってみる。その最上段にあるストゥーパがものすごい。どうやって重機もない時代にこれを作ったのだろうか。しかも周囲はまさに原生林。現代文明以上にすごいものが、そこにはあったのだという思いに圧倒されてしまう。
sthupa.jpg
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。