でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0系
4時45分に起床。エライっ。
須田さん提唱の90分の倍数睡眠を実行すると、短時間睡眠でもけっこう頭はすっきりする。教えていただいてありがたや~。
本来なら今日は札幌競馬場にいたはずなのだが、今いるところは岡山駅前。ならばということで、小倉に行くことにしてみた。2週間前に行ったばかりなのだけれど。しかし距離は約300km。うちから新潟くらいの距離なんだよなあ。

まずは5時19分発の始発電車で笠岡まで。ここで次の列車までの31分間で墓参りをするのだ。しかし駅から寺まではそこそこ距離があるので、実質は滞在10分の高速墓参りである。でもイトコも先日お参りしてくれたというし、行かねばならん気がするのだ。

駅に戻って6時半の電車で再び西へ。三原あたりから記憶がなくなり、気がついたら新広島市民球場の横だった。

広島からは新幹線。5分接続で来るこだま号が0系車両で運転されているのだ。昭和39年の新幹線開業時の塗装と車体。内装は変わっているが、ところどころになつかしの香りが。約20年前に東海道山陽新幹線で車販のバイトをしていた頃に0系には乗りまくったが、11月で廃車となるなら最後に乗りたいと思っていたのがここで実現できてチョー満足。新岩国、徳山とひかり&のぞみに抜かされるのんびり紀行。車内もガラガラで、4席つかってふんぞりかえ……

っていると、新山口でぼくのはす向かいの席にドカっとエラソーに座ってきたヤツがいた。なんだコノヤローと思って身構えると、ニヤリと笑う某調教師。とはー、こんなところで出会うとは。そもそもなんでこだまに乗っとるんですか。

「墓参りに行こうと思ってね」
なんじゃい、ぼくと同じじゃないの。さらに滞在時間は40分で、次の新幹線に乗るんだそうな。某調教師の実家は厚狭駅から見えるところらしく、「あれあれ。あれがうち~」と言い残して去っていった。

再び車内は落ち着きを取り戻し、次の駅は新下関。ここでぼくは下車する。降りてみると、おお、向かいのホームにも0系がいる。ひえー、これは撮影せにゃならんじゃないの。ということで写真撮りまくり。デカカメラがあればなあ。
新下関からは、みすず潮彩という改造DCに乗車して下関まで。盛りだくさんの道中を経て小倉競馬場に着いて4Rのパドックをみたら、自分の一口出資馬が期待しにくいデキ→10着。
そこは誤算も、半日遊んで小倉駅に戻ってタダバスで門司新港。今日はここから船に乗るのである。さすがに夜行バス→夜行バス→1.5時間睡眠→3時間睡眠のおかげで、出航後すぐにねむっていた。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。