でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
11月17日高知へ
JBCから帰ってきたあとは美浦村に行ったくらい。その日はトレセン近くのマクドで夕方まで原稿をやってから川崎に行こうかと思ったら、なんと常磐道が三郷を先頭に12km渋滞で所要80分……という表示を高速入口で見て、それで行くのをやめてしまった。三郷まで1時間半以上かかるんだったら、メインに間に合わない可能性が高いし。

ということで、ローレル賞は行ってたら当たってたということを結果速報で知ることとなった。そっか、地方競馬IPATで買えばよかったんだ。いまさら気がついた。しかし最近の川崎は内枠がかなり有利ですな。

2週間ほど前は11月15日から台湾に行ってアジアシリーズを見ようと思っていたのだ。ただ、そうなると予定が
15日 台湾
16日 台湾→関空へ
17日 高知へ
しかしこの行程は体力的につらいかな~というイメージ。というわけで今回はおとなしく日本国内だけにしておいた。

以上の経緯で17日の朝9時すぎに高知竜馬空港に到着。高知県に来るのは今年5回目である。来すぎですな。で、行き先は高知競馬場なのだけれど、第1レースの発走は16時半だし、取材の約束は15時半だしという状況なのでヒマヒマ。その間をどうするか検討すると、空港から2kmくらいのところにショッピングモールがあって、そのなかにマクドがあることがわかった。空港バスでも行けるのだけれど、時間がありまくりなので田園風景のなかを歩くことにことにして、所要50分。さっきもらった航空券をコーヒーに引き換えて、フードコートに居座って3時間ほど仕事をする。とりあえずスッキリ。

このマクドの近くから高知競馬場行きのタダバスに乗れることも、このルートを選んだ理由。でもバスに行かれたらシャレにならんので、予定通過時刻の20分前からバス停で待機しておく。そして先客1名のバスに乗車。高知駅北口と南はりまや橋で客を拾って15名ほどの乗車となったが、やっぱりタダバスはコスパ的にあんまりよくないですなあ。春野方面行きの路線バスを競馬場経由に変えてもらったほうがいいと思うのだけれど。行きがバスだった人は帰りの無料券がもらえるとかにして。(←帰りは長浜営業所始発のバスを競馬場始発に変えてもらえばOK)

さて、高知競馬場にマイルチャンピオンシップの日に来たのは、ダイワメジャーが2回目に勝ったとき以来。そのときはナイターじゃなかった。でも今回はJRAの馬券は売っているし、JRAのメインレース後に第1レースが始まるタイムスケジュールになっているしということで、その当時とは様変わりという感じになっている。最大の変化、JRAの馬券を買いに来ている人は、スタンド1階では見たところ300人くらい。でも4階の特別観覧席はかなり混んでいるそうだ。といっても、JRAに対しての影響は軽微だろう。でも高知競馬への影響は多大。JRAが終わって高知競馬が始まっても、まだ場内にはそこそこの人がいた。以前なら日曜ナイターなんて、一般スタンドには100人いるかどうか……だったのに。

そして、JRAの地方競馬IPATのおかげで売り上げも上々。5Rの土佐秋月賞では締め切り3分前あたりで3連単の売り上げが2千万円を超えていた。ナイターが始まる前は1日通しての売上高が3千万円台だったなんて、よくあることだったのだから、それを思うとねえ(涙)。本当に、競馬人も行政も、続ける努力をしてよかったですよ。それにくらべて福山市は……

さてさてこちらは15時半からは取材モードで最終レースまで。合間に馬券を買ってまあまあ儲かる。最終レース後は開催打ち上げに誘惑されて0時ちょっと前まで居酒屋へ。そして2次会は回避して宿で2時まで仕事する。1日が長い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.