でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
1月11日
朝7時頃に起きたら外は雨。上海の街を歩くかと思っていたけれど、これじゃあ行動範囲は狭くなるなあ。ということで、残っていた仕事を終わらせて、少しダラダラしてから10時前に出発。上海はどうも歩道や路上にイヌのウンコがけっこう落ちていて、だから雨が降るとさらにデンジャラス。注意しながら歩いて粥屋で12元の朝食をいただくと、目の前をトロリーバスが通り過ぎていった。

うひょ、あたしゃトロリーバスに乗ったことがないのよ。乗りてぇ~と思ってバス停の表示を読んだけれど、どこに行くのかさっぱり不明。とりあえず午前中は上海駅と上海最大の書店に行く方向性なのだけれど、別のバス停に来たトロリーバスは、次が終点。それじゃあ乗ってもしょうがない。
torori.jpg

ということで、油で走るバスに乗る。トロリーバスはまたこんどということで。2元のバスは地元民満載で、しかし停留所が少ないから上海駅まで10分くらいで着いた。明日はここから電車に乗ろうと思っているので、その視察に来たという次第。果たしてきっぷは普通に買えるのだろうか?

ということでキレイな駅舎に行くと、自動券売機があった。中国人がそれを操作しているところを横目で見ると、どうもICチップが入ったIDカードをかざさないと切符が買えないらしい。そこにいた案内係にIDカードを持っていないんだけどとと聞いてみると(英語)、向こうのきっぷ売場(有人)で買えと言われた。マジか~。でも、以前のように延々と並んだあげくに没有(メイヨ~)と通告されて終了という感じではないようだ。すごく進歩してるやん\(^o^)/

続いて地下鉄で人民広場駅に行って地上に出ると、そこは上海競馬場跡地。でも雨が降っているのでチラと見ただけで通過して、デカい本屋に行く。ここの7階がCD&DVD売場なのだ。

……しかし、SNH48の商品は置いてなかった。本当に人気があるのか?
JKT48はジャカルタ市内のCDショップにはだいたい置いてあるんだけどなあ。SNHはデビューから1年ちょいだから、今はそんなもんなのかしら。仕方がないから、どえらく安かった島崎ひとみさんのCD(33元=500円)と、蔡依林のCD&DVDを買ってみた。おお、店員が品物と釣りとレシートを放り投げたわい。予期せぬところでこれぞ中国クオリティというものを体験できたぞ(笑)

うーむ、しかしあとで調べたら、蔡依林は台湾の歌手だった。いわゆる大陸の中国人には流行歌手とか、そういう人ってあんまりいない感じがするんだけど、どうなんでしょ。店内には知っている台湾の歌手のCDがいくつかあったし。それに、まゆゆ(本名は知らん)とか、AKBののCDが置いてあるのにSNHのがないのもイマイチわからん。ひとつ言えそうなのは、そういう地域でこれからアイドルを商売として成り立たせていくのは、けっこう大変なんじゃないか?ってこと。

そんな感想をもちつつ、今日も行くのよSNH48劇場へ。まずはチケットを手に入れて、周囲の適当なところでメシを食おう。その道中、やっぱりありましたよコノヤロウ。
P1050230.jpg
おめえ、魚釣島っつーか尖閣諸島がどこにあるのか知ってんのか?
ちなみにこれが掲げられている店は、18禁と表示されたダンスホール。こんなのをデカデカと飾っていれば、いかがわしい店でも当局が勘弁してくれるっていう寸法か?なめとんのかこの○○○○○!

愛国無罪の効果は犯罪見逃しにつながんのかな。もしそうならポマードといえば許してもらえる口裂け女みたいなもんか。日本も対抗せえっちゅーの。沖縄のマスコミは反日の香りをぷんぷんさせているから期待できんけど、尖閣の天気予報は毎日報道するべきだろ。

しかしそんな大パネルから徒歩3分のSNH48劇場では、今日も「S・N・H!ふぉーてぃーえーぃっ!それそれそれそれ」「超絶カワイイ!○○!」と、中国人が日本語でヲタ芸を披露。世の中ってのはうまく折り合いをつけながら平和的な社会を均衡させつつ、作り上げていくもんなんですかね~(ー_ー)
P1050232.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.