でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰りもまた新幹線
南京に午後1時に着いて、できれば4時頃に帰りの電車に乗りたいなと思っていたのだが、記念館がそんなに内容がもりだくさんだとは知らんこってすってな状態。しかも記念館のある敷地を北から南まで歩いたら、雲錦路駅まですごく遠いという状況になってしまった。

なので、記念館の南端からはす向かいに見える商業施設に行ってみることに。昼飯もまだ食っていないし。

ということで行ってみると、そこは高級な感じがするショッピングモール。中国ではもうひとつ、ショッピングモールの店で行ってみたいところがあったのだけれど、A館からD館まであるこの施設を見物していると、上海に戻る時刻がすごく遅くなってしまいそう。というわけで、ここでは「ああ、ここにもユニクロがあるのね」という知識を得た程度で出て、近くの食堂街にあった麺屋に入ることにする。

メニューを見て、ちょっと迷ったけれど、せっかくなので麺とチャーハンを注文@22元。たぶん量的に多すぎるんじゃないかなと思ったら、やっぱりかなり多かった。どちらかひとつでも普通の食事レベルなのに、2つだからなあ。でも半チャーハンとかがないのだから仕方がない。で、完食。

食後の休憩に、この店の無料wifiを使ってスマホで現在地をチェックしておく。おお、中国でも地図ソフトが使えるなんて、なんて便利な世の中なんでしょ。そしてあら、この店から100mくらいのところに地下鉄の駅があるやんけ。適当に歩いたのだけれど、なかなかラッキーでありまするよ。

ちなみに中国本土は、多くの店に無料wifiが設置されている。きのう昼飯を食った店にもあったし、上島珈琲店にもあった。でも中国だから、facebookはブロックされているし、アメブロ、ヤフーブログの類も閲覧できない。ツイッターは知らんが、中国製のツイッター、ウェイボーがある。しかしいろんな書き込みとかは、上海郊外に本拠地を構えるサイバーパトロール部隊がものすごい人数で監視している模様。でも無料wifiは日本より簡単にゲットできる状況になっているんだから面白い。というか、日本がwifiに関して不自由すぎるのよね。

しかしながら、いやー、食いすぎ。もう晩飯いらんわ。まだ午後4時だけど。さてさてそれでは地下鉄で南京駅に戻って、まずはきっぷを買いましょう。

……しかし南京駅に着いたところで、案の定。ハラがピンチになってきた。しかしトイレが見当たらない。駅構内に入れば絶対にあるんだけれど、きっぷを買って金探の列に並んで、というところまではまず持たない。まずい、こりゃピンチ。なんでこんなにトイレが見あたらないんだ!
とあせったら、ケンタッキーの看板が目に入った。あそこなら間違いなくある!
と、一目散に向かったら、店内の奥のトイレが大行列。でもそれは女性用の列だったので、ヘイヘイすんませんと開けてもらって男子用トイレへ。おっ、個室があいている、ラッキー

と思って扉を引くと、なかでおっさんがこちらを向いてウンコ座りをしていてびっくり。なんだよ、おい。でも、もしやカギが壊れているのかも?
個室はひとつしかないのでしばし待機。ほどなくそのおっさんが出てきて代わりに入ると、オイオイ、カギがちゃんとかかるじゃないか。これも中国らしいってことなのか?

でもともかく楽になったので、改めて駅に行ってきっぷを買う。しかし次の新幹線は普通車が満席の模様。その次の新幹線は残席ゼロと出ていて、1時間半後のは普通車にも空きがあるらしい。うーむ、ここでそんなに待つのはいやだなあ。
ということで、奮発して軟座を購入。総額219.5元だから、グリーン料金は80元=1400円ぐらいってことか。日本じゃその値段でロザには乗れんから、まあいいか。
P1030191.jpg

きっぷのチェックを受けて駅構内に入ると、待合室の手前にガラスケースが置いてある店があった。その前にはテレビ画面が。その画面に出ているのは赤丸に白抜きの数字、それが3つ。んん?これはナンバーズじゃないか?
P1030196.jpg

と思ったらやっぱりそうで、そうしたらいきなり画面が動き始めて、バーンバーンバーンという音とともに3、1、3という数字が表示された。これはもう間違いない。さてさて、これはどういうシステムでやっているのかなということを探るべくその場で様子を見ていると、あらら、ナンバーズ売りのおばさんが閉店の準備に取り掛かりはじめた。買うのは無理かあ。ならばマークカードだけでももらっとこう。
numbers.jpg

numbers2.jpg

てかしかし、バクチが禁止されとる中国には宝くじがあるんかい!
DSC_0033.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。