でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やきゅー
というわけで、16時過ぎに光州チャンピオンズフィールドに到着。今年から使用開始された新しい球場で、もともとはサッカー場。となりには古い球場がまだ残っているけれど、内野席も外野席も狭くて、1万5千人入るかどうかという規模。
old_gwangju.jpg

とはいえ、新球場はデカすぎる。といっても外野席はオール芝生で、バックスクリーンの左右には子供用の砂場があるくらいだから、観客席として機能しているのは内野のみ。しかしそれがかなり大きいから、平日の試合では空席が目立ちすぎて仕方がない。土日は満席になるらしいけど、ホンマかいな。
newgwangju.jpg

というわけで、試合が始まってもこんな感じのガラガラ感。我々の席はベンチ上の最前列&2列目で14000Wだから、かなり高級な部類に入る。しかしまあ、見たところ5千人入っているかどうかというところですよ。こんなんで再来年に1球団増えるだなんて、経営的に成り立つんかいな?
studium.jpg

ただ、選手の給料=年棒が日本にくらべるとかなり低いのは確か。1億ウォンプレイヤーは1軍のなかでも半分から7割くらいかな。外国人選手(1球団あたり3人まで)は20~25万ドルが大半で、キムテギュン(元ロッテ)やイスンヨプ(元ロッテ読売オリックス)レベルのスーパースターでも10億ウォン前後というところ。イデホも日本に来る前は7億ウォンくらいだったらしいから、1球団の年棒総額は読売の2軍と同じくらいかもしれん。

という心配はおいといて、今年は乱打戦が多い韓国プロ野球。3割バッターが全体で50人くらいいるんだから、打高投低がひどすぎる。日本を見習って飛ばないボールを導入したほうがいいんじゃないんかなあ。日本の試合球は中国製だから、韓国が似たようなものを導入するのに抵抗はあるまい(笑)

試合的には両軍に見せ場がある内容で、結局10対7でKIAタイガースの勝ち。最下位のLG軍は負けました……。でも内容的には負けるべくして負けたという感じがする。あたしゃLGファンですが。
試合終了後は宿に帰って仕事をゆるゆるとしつつ夜更かしして、車で帰った友人の無事を確認。そして午前4時から1時間番組のダイジェストを見て、改めて野村監督の「負けに不思議の負けなし」という言葉を思い出した(>_<)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。