でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月20日釜山広域市長杯
7月20日は、釜山慶南競馬場で、韓国G3の釜山広域市長杯(3歳以上・2000m・1着賞金2億8500万W)が実施。
出走15頭のうち5頭がソウルからの遠征馬というメンバーだったが、断然人気は釜山所属のカムドンウィパダ(馬名の意味は、感動の海)。
なんと単勝1.8倍で、鞍上は田中正一騎手でござる。ちなみにこれまでの成績は、通算19戦11勝、2着と3着が各3回と、おそろしく安定しているお馬さんなのである。3着を外したのは、昨年のこのレースと、昨年12月のグランプリだけ。でも一昨年のグランプリは勝っているし、2走前のトクソム杯、前走のKNN杯と重賞連勝中。本来は主戦の藤井勘一郎騎手が乗るはずだったのだが、藤井騎手は現在ケガで療養中。ということで田中騎手、絶好のチャーンス!

だったのだけれど、なんと2番手追走から最後の直線で一気にバテて、12着に惨敗……(T_T)
田中騎手は完全にガッカリ状態となってしまいましたわ(>_<)

勝ったのは釜山所属のノバディケチミ(Nobody Catch Meなんだけど、ハングルをそのまま発音するとそうなる)。4歳セン馬で北米産。父ウィズディスティンクション(ストームキャット直仔)、母ナナズベイブ(母の父:アレンズプロスペクト)。今年1月から2群戦で善戦を続け、前走が初の1群戦で2着、そして今回は重賞初挑戦で勝利。
というお馬さんが4角先頭から押し切って(勝ち時計2分06秒5=含水率14%)、1番人気のみならず、2番人気で単勝2.9倍のチョンチュンプルペ(=青春不敗)も8着に沈んだもんだから、馬券も当然波乱でござる。

ノバディケチミは7番人気でも単勝57.2倍。2着のチョンジプルペ(=天地不敗)も4番人気ながら単勝オッズは21.4倍。3着のカウボーイソンは3番人気(8.2倍)で、
馬連183.5倍
馬単725.3倍
3連複308.4倍
という結果でした。断然人気馬が両方とも来ないんじゃあ、しょうがないよね……。単枠指定の2頭が両方とも惨敗したCBC賞を思い出しますわ(古い)。

ちなみに倉兼騎手はインディアンブルー(4人気)に騎乗して7着でした。

この日は重賞のひとつ前にGCTCトロフィーという1800mの特別戦も実施され、1番人気のヨロブンウィヨワン(=みんなの女王。牝3)が勝利。
父ゴールドアリュール、母メイジノジョケツ(母の父シルヴァーホーク)。おお、メイジノジョケツは、新馬戦で単勝を買った記憶があるぞ。ちなみにこの馬、昨年のサマーセールで税抜250万円で落札されておりました。ここまでの獲得賞金は1億8千万Wを超えたから、完全に黒字ですな。また今年も韓国からバイヤーがたくさん来そうだ(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。