でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国オークス
8月24日は韓国オークス。私が2回目に韓国競馬を見に行ったのが、この韓国オークスだった。勝った馬の名前はよくわからんが、内田騎手が3着、富沢希騎手が4着だったかな。超なつかしー。っていってもたかだか5年くらい前の話なんだけど。今年はその韓国オークスに行きたかったのだけれど、日程の都合で残念ながらパス。まあ、行こうと思えば1泊2日で全然行けるんだけれど……。

ともあれ、今年の韓国オークスは16頭立て。1800m戦という条件も含めて混戦必至という感があるけれど、軸は不動。
ダービーを大差(公式記録的には10馬身差)で勝ったクイーンズブレイドが出るのだから、牝馬限定戦では二枚も三枚も抜けている。ダービー後も7月4日の1群戦(オープン特別的なもの)を余裕のよっちゃんで逃げ切り勝ち。もともと釜山所属だから、輸送なしで臨めるのもメチャメチャプラスだ。

しかしながら相手は超絶に難解。トライアルのスポーツソウル杯を寺地誠一騎手騎乗で勝ったクムビッファンフィ(金色の歓喜)はチャ・チュヨル騎手に乗り替わりだし。寺地騎手、せっかく6番人気で勝ったのに……。でも、この馬が相手筆頭か。

その代りといってはナンだが、寺地騎手は、スポーツソウル杯で1番人気4着だったアルゴエセッ(馬名意味不明:アルゴの3番目?)に乗ることになっている。父メニフィー(ストームキャット系)で母父がフサイチペガサス。戦績的にも血統的にも中距離が不安だわ。でもなんとかがんばってくれい!

田中正一騎手は通算8戦5勝のファングムビッチチュンヘ(黄金色の地中海)に騎乗。前走の2群特別戦、慶南道民新聞杯では見せ場なく7着。こちらはストームキャットの3×3ですか。やっぱり距離が微妙だわ~。

というわけで、クイーンズブレイドがぶっちぎって、2着以下は泥仕合と感じになるとみた。馬券は総流しですな。クイーンズブレイドが勝ったら、秋の農林水産食品部長官杯を見に行こうかな~
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。