でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ちょっと遅くなったけれど8月31日のソウル競馬から
韓国滞在中は遊びと仕事で睡眠時間を限界近くまで削っているので余裕なく、帰国後も北海道に行っていたので余裕がなくということで、しばらく更新ゼロとなっておりました。

とりあえず時系列的にして、8月31日のソウル3レース。このレースはいわゆる新馬戦。韓国では新種牡馬となるアドマイヤドン産駒が2頭出走するんだから注目でしょう。
内枠のアドマイヤドン産駒は、馬名がダンシングウルフ。母はオーストラリア産のクイーンベスト。
外枠のアドマイヤドン産駒は、馬名がドァハイ(The High)。母はオーストラリア産のイェナンで、母父はアナバー。
ビワシンセイキ産駒は出走取消となっていて残念。という11頭立て。

で、ダンシングウルフが単勝1.5倍の断然人気になっていたわけですわ。騎手がキムヘソンという女性ジョッキーで、トップ騎手を据えていない点が少々不安だったけれど、能試の数字をみればこの馬がスピード上位のはず。

ということで、財布のなかに20万Wしか入っていないのに3万Wの馬券を買ったら、4角3番手からい~い感じで上がってきたけれど、そこで脚が止まって4着でした(>_<)

で、勝ったのは倉兼騎手の2番人気馬。2着がペクヒョンウ騎手で3着がソンスンウン騎手って、リーディング上位のボックスにしてれば3連複93倍が当たっとったやんけ。といっても後の祭りだゴッホ。

もう1頭のアドマイヤドン産駒は11番人気10着ということで、札幌でデビューしたワールドリースターに続いてうーむという結果になってしまいました……

そのあとアドマイヤドンを繋養する牧場の社長の部屋におじゃまして、赤本を進呈。そしてアドマイヤドンは2歳戦向きじゃないのかねえという話をしばらくして、そういうことなんでしょうという結論に。でも、なんとか当たりが出てほしいなあ。一昨年はイングランディーレ産駒が韓国ダービーを勝ったけれど、今の北米血統が圧倒している状況は、ちょっとなんだかなあという感じがするし。

これから活躍馬が出てくれるように祈りたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.