でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山着
8月29日のつづき。

成田発のJALはとくに揺れもなく飛んで、釜山金海空港に南側から着陸。てか、南からしか着陸したことがおまへんが。
しかし、なんと機内で仕事が終わらなかったので、仕方なく入国審査を通過して税関を通過して、到着ロビーのイスに座って続きをやることに。でもそんなにたくさんの宿題ではなかったので、30分ほどで完了。

さて、時刻は午後2時ちょい前。今日は釜山競馬の開催日なのでとりあえず行くか……と思ってタダバスの時刻を確認すると、次は14時半発ですか。こりゃ今から速攻で下端駅行きの路線バスに乗っても、間に合うかどうかというところだぞ。
……と考えた結果、競馬場に行くのは回避した。今日は18時から友人とメシを食う約束になっているから、競馬場を16時40分に出るタダバスに乗らないといかん。となると滞在時間は1時間半ほど。まあ、そんなにしてまで行く必要もないわなあ。行ったら行ったでなんとなく悪い予感もするし。

となると、問題はパソコンのバッテリー。競馬場に行けばPCルームで充電ができるのだけれど、この空港にはビジネスコーナーとか充電コーナーがないのよ。コーヒーショップを覗いてみたけど、充電ができそうな雰囲気ではなかったし。

パソコンのバッテリーは5時間くらいもつのだけれど、もう3時間ほど使ってしまったので残りは40%以下。明日は午前中にバッテリーを使って別の原稿を作らねばならんスケジュールになっているから、どげんかせんといかん。空港内で電気ドロボーをしている人がいれば便乗するという作戦も考えたのだが、そんな人が誰も見当たらないから不発でござる。

うーむ、どこかで充電できないものかしら。その辺はこれから会う友人に聞いてみよう。ということで、コロコロかばんを持ったまま、まずはサジク球場へ。今日はロッテジャイアンツ対KIAタイガースを観るつもりなので、先にチケットを買っておこうと考えたのだ。

で、球場に着いたらまだ4時すぎ。チケット売り場はまだ開いていないはずなので、先にロッテジャイアンツ資料館を見学しよう。
P1060310.jpg
とまあ、ロッテジャイアンツの栄光の歴史が書かれているわけなんだけれど、よくわからん。ロッテオリオンズだったらわかるんだけれど(笑)
でも、なかなかの充実度で展示されているものをゆっくりと見て回る。興味深かったのは、
・1990年前後のサインボールには、日付が○○年○月○日 と書いてある
・それが2000年前後になると年月日がハングル表記になる

うーむ、漢字を学ばなくなった世代というのは、このへんからなのかしらね。同音異義語がたくさんあるのだから、漢字があったほうが便利なのに。

などと、書いてある内容はよくわからんちんでも一応説明文は斜め読みして、昔のチケットとかポスターとかのエリアはゆっくり観覧。その近くに展示されたバットは写真を撮らずにはいられなかった。場内に撮影禁止って表示は見当たらなかったから、大丈夫だよね?
batt.jpg
右から2番目が王貞治さんのサイン入りバット。いちばん左が李大浩選手のサイン入りバット。

その2点だけに萌えたので、ほかは誰のかわかりませぬ。

小1時間ほど館内を見学したが、これが無料とはなかなかやるなロッテジャイアンツ。さて、ではチケットを買いに行くか。出遅れたかな……と思ったら、発売開始前だった。どうやら17時から発売するらしい。さて、どこの席にしようかな~。5月はKIA戦を観たし、3塁側にするか。
P1060311.jpg
と思っていたら、チケット売り場に「25歳以下は3塁側または外野自由席が半額」と書いてあったので、あたしゃ該当しないんだから1塁側だべ、と方針変更。S席もA席も同じ12000ウォンなので、S席にしてみた。ちなみにA席は応援団の近くだから人気が高い。で、チケットをカード払いで買ったのだけれど、レシートってくれないの? これで請求額が12万ウォンとかになっていたら超めんどくさくなるやんけ。

こんどからは現金購入、と記憶しておこう。さ、では待ち合わせ場所に移動しますか。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。