でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
アジアチャレンジカップ
8月31日(日)は、ソウル競馬場でESPN杯アジアチャレンジカップが実施される日。

年初の予定では「第2回韓日交流競走」となっていたのだが、韓国馬事会がシンガポールと交流を深める必要があって、シンガポールを加えた3か国の交流戦となった。

この日の第1レースは午後1時なので、そんなに急ぐ必要もない……と思って、買いたいな~と思っていたものを探しに市場に1時間半ほど出かけて帰ってきたら、東京からの取材チームが8時半に仁川空港に着いて、速攻で競馬場に行くと連絡があったことに気がついた。
ありゃー、じゃあ急いで向かいますー、と11時半頃に競馬場に向けて出発。しかし昨日の行動が濃密すぎたためか、地下鉄の競馬公園駅を3つも寝過ごしてしまったっす(>_<)

でも降りた駅が上下セパレートの改札じゃなかったので、そのまま追加料金なしで戻れてラッキー。競馬場の門をくぐったら、第1レースがちょうど始まるところだった。

まずは前半のレースに乗る日本人騎手3名を撮影&コメント撮り。続いて調教師2名にもコメントをお願いし、そのまま私はエライ人と1時間ほど鼎談。3レースはアドマイヤドン産駒が出ていたので馬券を買ったが、4角まではいい感じだったのに、そこから倉兼騎手の馬にうまくかわされてしまった。また現金が減っちゃったよ。

さっき、市場の両替所で10000円=98000Wといういいレートを見つけて、両替しようかどうしようか3分くらい悩んでやめたんだよな~。これから馬券でお金が増えるはずだから、「今はいいや」と判断したのだけれど、こりゃちょっとマズイわい(T_T)

まあ改めて頑張ろう。このレースでVIPエリアを退出して、馬主会の会長様に挨拶に行く。で、レースについてのコメントを撮らせてくださいとお願いしたらOKが出たので、取材チームを呼んできてしばし撮影。そして軽くひと息つきつつ下調べなどをしていたら、もう第6レース、アジアチャレンジカップのパドックの時間だ。

撮影対象は大井競馬所属の3頭の馬、3名の騎手が中心。

昨年は日本馬が上位人気に支持されたけれど、今年はちょっと相手が強くなっとる。
いちばん人気を集めていたのがショコラヴェリーヌ。でも14頭立ての8番人気なんだけど……
chocolate.jpg

次に人気だったのがピエールタイガー。鞍上はディフェンディングチャンピオンの的場文男様~。しかし今年は11番人気。
pier.jpg

日本馬のなかでもっとも人気薄だったのが、トシギャングスター(12番人気)。松浦調教師と一緒に。
toshi.jpg

で、このレースには日本人騎手があと2人参加していた。まずは釜山所属の田中正一騎手。この人はニュージーランドでライセンスを取得。馬は7番人気。
tanaka.jpg

もう一人は、ソウル所属の倉兼育康騎手。本来の登録地は高知競馬。でも前回の短期免許取得時に、MVP騎手の称号を手にした実績は、当地の関係者やファンから絶大なる支持を受けている。(馬は10番人気)
kurakane.jpg

パドック診断的には、日本のショコラヴェリーヌと釜山のカウボーイサン、ニューヨークブルー(田中騎手)の3頭かな~と思ったのだけれど、たぶん乱ペースになるだろうからちょっと難しいなあ。
財布のなかのお金も少ないし、馬券は○万Wぐらいで抑えておこう……。と決めて馬券を買って、後検量室の前にいるカメラクルーと合流。あとは好結果になることを祈るのみ!
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.