でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍山場外馬券売場その2
エレベータで向かった先は8階。
「このフロアは文化センターで、地域住民のみなさんに使ってもらうためにあります」
と、所長。まず案内されたのは10m×20mくらいの「多用途室」で、ヨガとかもやっているらしい。
その奥の扉を開くと、机といすが置いてあった。
munhwa1.jpg

そのとなりには「会議室」が。収容人数としては100名くらいのセミナールームになっている。
munhwa2.jpg

ほかに、「多目的室」が2つほどと、「住民休憩所」があるのだから、立派に住民様に配慮してますよ。東大門の近くのシンソル洞の場外(KRAプラザという名前)では平日に地元のBBAが集うイベントをやっているし、韓国馬事会としても地域住民へのフィロソフィーのためにそこそこ予算を使っているのだから、ぜひそれを利用していただきたいものですわ。
munhwa3.jpg

日本でも某県の競艇場外ができるときに賛成派と反対派が衝突して流血騒ぎが起こり、しかし完成したときに反対派のおっさんが駐車場整理の仕事をしていたという話がある(笑)。おめえにはプライドとか羞恥心というものはないのかよ、という残念なネタなんだけど、テントのなかで頑張っているみなさんも、文化センターを利用する権利はあるからね~( ̄▽ ̄)

ちなみに平日払い戻しは、9階に専用の機械があるとのこと。
と、ひと巡りして1階に戻る。別れ際、案内してくれた所長に「住民運動に負けないでください」と激励して握手。しかしまさかここまで見られるとは思わなかった~。カムサハムニダ~(*^_^*)

さて、改めて、場外の敷地内でピケ張ってる連中の掲示物を見学してみるか(^^)v
tent1.jpg

写真の上部には、「画像競馬賭博場 追放」と書かれているが、「画像」にはもっと別のスラング的な意味があるのかもしれん。あっしの語学力ではそこまではわからんす(^^;)
ちなみに「画像」と「画商」と「やけど」は同じ「ふぁさん」という字がもつ意味でござる。

あらら、こーゆー人は競馬場にも場外にもよくいますな。わはは(^◇^)
tent3.jpg

こんなのも、あれれ、見慣れた景色やん。てか、こういうおっちゃんは場外馬券売場の周辺以外にも大量にいるぞ?
tent4.jpg

なんというか、そんなにたいしたことのない写真だなあ。さっき見た、ズボンをずり下ろしてのたうち回っているオヤジほどのインパクトに欠けるからつまんないー。

さあ、この一部住民なのかプロ市民なのかわからんけれど展開されているこの運動が、どれだけ続くもんなんでしょうかね~(^o^)
tent5.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オール有料の場外馬券売場は、龍山が初めてだと思います。
ギャンブルに対しての国民感情は、ひとむかし前の日本のような感じがします(^^;)
2014/10/20(月) 22:08:20 | URL | ポーラスター #JOOJeKY6[ 編集]
龍山に場外馬券場外ができたのですね!ちょっといない間にソウルもどんどん変わっていますね・・・。
2014/10/18(土) 15:27:02 | URL | seoulmiki #SIR.BgG2[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。