でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
10月17~19日の韓国競馬
17日(金)の釜山開催からは、2Rに注目。5群戦で3歳10月にやっとデビュー戦にこぎつけて、そして4着だったサンデースター(牝)。この馬は母の父がタヤスメドウなのよ。
父はビガーで、母母も北米血統なのだけれど、母父だけがタヤスメドウ。なんとかがんばって繁殖に上がれるくらいの成績を残してほしいわ~

18日(土)はソウル開催。メインレースの国産1群戦(1800m)は13頭立てで、サクラシーキング産駒が2頭、オースミジェット産駒が1頭出走。
そして結果は、サクラシーキング産駒のヒルトップが早め先頭から押し切り勝ち。
2着にオースミジェット産駒のヴィクトリー。そして3着にサクラシーキング産駒のシタデルって、
なんとまあ見事な日本競馬出身の父によるワンツースリー。これで3連複が472倍ですか~。行ってれば取れてた……かな?

19日(日)のソウルのメインは、G3のKRAカップクラシック(混合1群・2000m)。韓国最高賞金額のレース、大統領杯の前哨戦となるが、出走馬はぜんぶ北米出身の外国産馬(1頭だけ持ち込み馬がいたけど、タッチゴールド産駒)。
1.9倍の1番人気に推されたのは、8月31日のアジアチャレンジカップで倉兼騎手が乗って6着だったインディアンブルー。
その倉兼騎手は、3.5倍で2番人気のサムジョンジェワン(サムジョン帝王)に騎乗。倉兼騎手は5月からこの馬とコンビを組んで、以来3戦3勝と好成績。
そして結果は、サムジョンジェワンが先行策からしぶとく粘って、最後はロシポス(英語的にはラッシュフォース)との追い比べをハナ差制して勝利!

昨年のKRAカップクラシックではインディアンブルーで2着、今年4月のトクソム杯も2着と、グレードのついている重賞にはあと一歩というところだったのが、ついに勝利となりました。おめでとう~☆
(グレードのついていない重賞は1勝しています)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.