でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群山を勘だけで歩いてみる
ちなみに新・群山駅でデジカメに撮った地図というのはこういうもの。

map.jpg

超わかりにきぃーよ"(-""-)"

デカい字でフィーチャーされているのは、群山埠頭とか群山近代歴史博物館とか、港のほうにある施設ばかり。そのなかには「廃線跡が生活道路になっている場所」らしきものはなさげ……(>_<)
というわけで、テキトーに歩いてみるか……
でも、撮った地図には「Eマート」は書かれていたので、そこに荷物を預けようと。Eマートなら無料wifiもあるだろうから、そこで調べなおしてタクシーで行くという手も使えるし。

しかし、Eマートは意外と遠かった。これは地図を感覚的に捉え間違っていたというか。。。群山廃駅から10分ぐらい歩いたところにあるだろうと思っていたら全然なくて、信号待ちのじいさんに聞いたらもっと向こうだと……
そこから10分くらい歩いたら、やっとEマートの看板がはるか遠くに見えてきた。。。もう夕方4時前だし、こりゃ群山を徘徊しただけで終わりかな……

と思いつつ、でもEマートには行ってみようとまっすぐ歩くと、道の右側に警察署が見えてきた。よっしゃ、そこで場所を聞いてみよう。
ということでコンニチワ。で、入口の門番的な若い警察官に、あのー、群山の地図ってないですか? と聞いてみる。

うーん、ないですね……

なんだよ、道路地図もないのかよ(--〆)
仕方がないから「群山に線路の周りに家が並んでいる観光地があるんですけど、どこですか?」
と聞いてみる。
けれど、知らんという返事。さらにその兄ちゃんが上司に聞きに行ってくれて、日本語が使える警察の人に電話をつないでくれた。で、同じことを尋ねる。そういえばたしか、「鉄道村」っていう名称だったよな。だから韓国語で言うと「チョルドチョン」かな?

と聞くと、うーん、よくわからないなあという返事。そんなやり取りを数分して、ちょうど自分のケータイに仕事の電話がかかってきたので数分の中断があって、その間に別の警察官がスマホで検索してくれて「これのこと?」と写真を見せてくれた。

コレですコレです\(^o^)/

あー、ここですか。ここは観光地じゃないですよ、だってさ。
確かに今、改めて「群山観光案内図」を見たけど、載っていないからなあ。実際にそうなのかも。

でも、「この先、アパートが何軒か立っているところですよ。歩いて5分くらい」と教えてくれた。

マジっすか? そんなに近いの?(゚д゚)!
テキトーに歩いてきたわりにはターゲットに激しく近くて超ビックリ。ということで、喜び勇んでEマートに入って、無料コインロッカーにコロコロかばんをおさめる。そして元の道に戻って少し歩くと、
P1060500.jpg

線路だ~~~~~\(^o^)/

うおお、港のほうにある廃線跡じゃなくて、こんな内陸にある廃線跡が現場だったんだ~。すげえ、超ラッキーというか、すげえいい勘してるじゃん。まあ偶然なんだけどさ(^_^;)
その路地を線路方面に向かうと、いきなりこんな案内板があった。
P1060502.jpg

なんか、観光地っぽくなっとるやんけ。あれ? ここって「チョルギルマウル」っていう名前なの?

●思い込んでいたのは「チョルド」=鉄道+「チョン」=村
●実際の名称は「チョル」=鉄+「ギル」=道+「マウル」=村(集落的なニュアンス)

そーなんすか。なんてったって、下調べゼロだもんなあ。わはは(・∀・)

ということで、まずは説明文を読んでみる。1944年に新聞用紙を作る工場から2.5kmの線路が敷設されて、午前に5~10両の貨物列車が通っていたけれど、2008年7月1日に運行を終了したらしい。てことは、そのときに旧群山駅は移設されたのかな?

へええ~
P1060503.jpg

いい景色やんけ~
P1060504.jpg

ここが北側の終点。この先に見える煙突が製紙工場らしい。難行の末での到着だから、感慨深いわ~。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。