でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月第4週の競馬結果
10月27日(土)のソウル競馬は12R制。11Rの国産2群戦で、イアナ騎手(女性)騎乗のワハハが2年ぶりに勝利。
これで1群(オープン)に昇級するわけだけれど、ハンデ51㎏での勝利だったし、かなり苦戦しそう。
ワハハの字を打つのはこれが最後かもしれんので、紹介してみますた(^^;)

28日(日)のソウルのメインは、国産1群戦の京畿道知事杯(G3・牝馬限定2000m)。出走馬の父は、ヤンキービクター、エクスプロイト(2頭)、エクトンパークなどと、ちょっと前まで日本にマル外で来ていたような種牡馬が多いですな。

1.3倍の断然人気に支持されたのは、18戦8勝、3着以内が16回という安定感を誇るチョンニョンドンアン(千年間)。いや、大統領があのナメたことをしゃべる前に馬名がつけられているから、名前の由来の奥に反日感情はないと思われまする(たぶん)。。。
で、このチョンニョンドンアン、ヘネシーの肌にエクトンパークという、2000m大丈夫か?という血統。
と、結果を見る前にそう思ったら、やっぱり早め先頭から最後に差されて2着でした……。上がり3Fが40秒4。

勝ったのはピノヌア(牝4)。たぶん、馬名を日本語的に書くと「ピノノワール」だと思われ……。父はA.Pインディ直仔のキャピトルスペンディング、母の父はパシフィックバウンティ。この重賞は古馬牝馬的に大目標となるレースなので、このあとは牡馬&ハンデとの戦いになるのかも?

この週の2歳勢は、アドマイヤドン、リミットレスビッド、メイセイオペラ、イングランディーレ、ビワシンセイキ産駒が出るもみんな大敗。しかし日曜日の3Rで、ゴスホークケン産駒のセンスカイが勝利。名前のとおり、セン馬です(^_^;)

でもこの馬、韓国産なんだけれど、母は萱野厩舎で未勝利だったブルースカイソング。引退後は門別で繁殖生活に入るも、産駒は現7~3歳まで5年連続でJRA未勝利。そして、ゴスホークケンを受胎してチャンピオン牧場(たしかソウルの南のほうだったかと)に移り、この馬を産んだというプロフィール。ゴスホークケン産駒の初勝利ですな(^o^)

そのほか、土曜ソウルの3Rで、ジャイアントレッカー産駒のジジジャイアント(牡3)が5群戦で2着。こちらは母が石坂厩舎で2勝を挙げた、ディペンドオンユー。繁殖牝馬セールで受胎中の母を購買されて、現在は済州島に住んでおります。

11月11日の日韓戦の出走馬については、週末に触れる予定にしています<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。