でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小旅行
この週はお仕事が少なめなので、現地時間朝6時に起きてちょっとパソコンで残っていた業務を終わらせたら、あとは自由時間。マンガライ駅まで朝の超満員な電車を見物に行く気ではあったのだけれど、もう屋根の上に人は乗っていないらしいし、まあいいかということで、今日の行く予定のところをリサーチする時間とする。

今日の目的地は、南東に180kmくらい行ったところにあるバンドゥン。人口は200万人ぐらいいるらしく、どうやらインドネシアでは4番目に大きな都市らしい。で、そこにあるサッカー場で、インドネシアサッカーリーグの公式戦が行われるので、それを見に行こうというのがメインである。試合開始時刻は、金曜日なのに午後3時半。本当にそんな時間にサッカーをやるのか、ということを含めて、ちょっとしたチャレンジという感じがする。

しかし地図も何も持たずに行くのは危険。とりあえずの土地勘を頭に入れておくために、サッカー場の場所をグーグルマップで調べてみる。
……本当かよ、駅からこんなに遠いところ?
soccer_std.jpg

縮尺はよくわからないけれど、市街地とは思えない場所になっている。地図を拡大するとちゃんとスタジアムらしき物体が表示されたので、マジでここにあるのだろう……。
でも怪しい気がするので、メモ帳にサッカー場の名前と、試合するチーム名を書いておく。

行きは鉄道で、帰りはバスでという行程が目論見。ただ、帰りのバスがどこから出るのかがわからない。まあ、最悪19時発の列車で帰ってくればいいかな、ということで、9時に宿を出発。ガンビル駅を10時15分に出る「アルゴ・パラヒャンガン」号への乗車を目指す。

駅まではバスで行くのが王道なのだが、ここは時間を節約して豪勢にタクシー。ブルーバードのメータータクシーは順調に進んで、ガンビル駅に9時半に着いてしまった。はええ。しかも駅構内に入っちゃったよ。入ると駐車料金が加算されるから、駅の近くでよかったのに……。言葉の壁ですわ。
下車時にもらったレシートをみると、乗車時間は18分で、そのうち5分35秒が信号待ち。走行距離は8.685kmだったらしい。なんて詳しいリポートをしてくれるんでしょ。そして運賃は37960ルピア。ただ、そのお金を払える手段はクレジットカードしかないわけで、駐車料金とチップを含めて43000ルピアを払うことになった。ま、430円なんだけどさ。

さて、では乗車券を買おう。窓口の前はそこそこ並んでいたけれど、5分くらいで自分の番が来た。バンドゥンまで1枚。……
「パスポートをください」

ハイハイ、パスポートね。アレレ? ポケットのなかに入ってないやん!!!

うっそー、タクシーのなかに落とした? いやいや、それはありえないから、うーむ、どうやら別のカバンのなかに入れて、それを宿に置き去りにしてきたっぽい。インドネシアの鉄道の指定券は、実名制で身分証明書がないと買えないのよね。仕方がないから、財布のなかに入っていた運転免許証を出して、これで売ってくれと窓口のおねえさんにお願いする。するとお姉さん、免許証を持って上司に確認に……

戻ってきて、メモ紙に名前をアルファベットで書いてと言われたので書いて、そうしたら運転免許証番号が入力された指定券を発行してくれた。インドネシアの指定券は、転売防止のために身分証明書とワンセットという販売方法になっているようで、人々の移動を監視するためにパスポートの提出が必須となる中国とは違う。なので、無事にノーパスポートでチケットをゲット。コンビニで弁当と飲み物を買って、改札口で免許証と切符を出して構内に入れてもらい、停車中の列車に乗ってから、部屋にまだいると思われるK原くんに電話して、カバンのなかにパスポートがあるか、確認しておく。したらば、あるって。というわけでひと安心。
P1060734.jpg

乗ったのはビジネス(bisnis)クラスで、クラス的には2番目。いちおう冷房はあるが、家庭用のクーラーを天井に取り付けただけなので、あんまり涼しいという感じではない。でも冷房があるだけありがたいと思いましょう。そしてこの列車は途中の駅には停まらない。3時間弱だが、都市間を直結するという優等列車らしい運行スタイルになっている。
P1060737.jpg

でも車窓は単調なので、少しウトウト。スラバヤへ向かう本線と分岐してからはジャワ島を縦断し始めるのだが、そこからの車窓はものすごかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。