でいりーじょぶ
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
1月第2週の競馬
サービス業は年末年始とお盆、それに大型連休中が忙しくなるもので、さらに今年はそれに加えて体調不良が直撃。そんなわけもあって、すこし放置しておりました。

しかし気温が零下でも川が凍っても開催するのが韓国の競馬。そのぶん、事故率も高くなるわけでして……

1月11日(日)の1Rで、3頭が落馬する事故が発生。3コーナーでチハジュ騎手騎乗のオルボニドリムが前脚に故障を発症して競走中止、それをよけようとしたクインウォジュン(チョンドクヨン騎手)とオピーディオ(キムオクソン騎手)が落馬。そして3人ともその後の騎乗がすべてキャンセルとなってしまいました。

1200m戦で3コーナーでの馬体故障だから、展開次第では巻き添えになることもあるよなあ。そして気温が低いときは体をよくほぐしておかなければ、馬体故障が発生するリスクはどうしても高くなってしまう。加藤利征騎手が4角で落馬して骨盤骨折したのも確か1月だったし、別府真衣騎手が骨折したのも1月か12月か忘れたけれど、寒い時期(ただしこれはゲートと馬の間に足をはさまれたのが原因だから、ちょっと違う種類だけれど)。

というわけで、騎手のみなさんはマジで気を付けていただきたいし、馬を送り出すスタッフさんもケガのないようにと祈るばかりです……。気を付けてもどうにもならない場合はあるだろうけれど、そういうことがないように……

そんなクソ寒いソウルに数日中に行ってきます(^O^)/

という11日は、オフィサー産駒(アメリカの)が2勝。第8レースではメイセイオペラ産駒のブースターが6歳にして初勝利!
通算31戦1勝、2着と3着が各3回となったわけだけれど、6歳の男馬、よくここまで頑張ったものですわ。祝賀ハムニダ~(*^^*)

日本人騎手が4人もいる釜山では、しかし小山騎手が9日からケガか病気か不明だけれど騎乗不可騎手リスト入り。てゆーかですよ、釜山は騎手が42人いるけれど、9人が故障者リスト入りしていて、1人が家事都合、2人が騎乗停止で1人が軍隊に行っているということで、稼働しているのは29人。ちょっと少ないっすよね~。
そんな状況もあって、9~11日の開催2日間では、田中騎手と藤井騎手が2勝ずつ。富沢騎手は未勝利だったけれど3着2回。ただ、騎乗数はいろいろと事情があるのだろうけれど、そんなに多くなかった。そのあたり、どんなあんばいなんでしょうかね?

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.