でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
2015年韓国競馬スケジュールその2
2015年の韓国競馬のスケジュールの続きです。

古馬戦線は施行時期の変更がいくつかあるだけで、おおむね変わりなし。
G1は10月18日の大統領杯(国産・ソウル2000m)と、12月13日のグランプリ(混合・ソウル2300m)の2つ。

G2は8月30日のKRAカップクラシック(国際・ソウル2000m)のひとつだけ。
3歳限定戦ではオークスと三冠最終戦の2つがあるけれど、古馬が1個だけとは少ないっすわ……

G3は日付順に
3/15 ソウル馬主協会長杯(国産4歳以上・ソウル1200m)
3/29 京畿道知事杯(国産4歳以上牝馬・ソウル2000m)
6/7 トクソム杯(国際・5歳以下牝馬・ソウル1400m)
7/5 釜山広域市長杯(混合3歳以上・釜山1600m)
8/30 アジアチャレンジカップ(国際招待・3歳以上・ソウル1200m)
9/6 オーナーズカップ(国産3歳以上・釜山1600m)
11/1 慶南道知事杯(混合・5歳以下牝馬・釜山2000m)←賞金総額5億ウォンとかなり高い
11/15 済州道知事杯(国産・牝馬・ソウル1400m)

あとは2歳戦のブリーダーズカップ(11/29・国産・ソウル1400m)

そのほかに準重賞的な扱いのリステッドレースがソウルと釜山合わせて15個(そのうち3歳限定は1つ。賞金総額は9/20のKNN杯(混合5歳以下牝馬・釜山1600m)の4億ウォンを除いて、すべて2億ウォン)。
それよりも格下の特別戦が8個(そのうち3歳限定は1つ。賞金総額はすべて1.5億ウォン)となっております。

馬の総数、外国産馬と内国産馬の力量差など、競馬番組をデザインするのに苦労しそうだな~という現状ではありますが、今年はこんなスケジュールで進んでいく模様です。

というわけで、2月のリステッドレースは、8日の世界日報杯(国産4歳以上・ソウル1200m)と、15日の東亜日報杯(国産4歳以上牝馬・ソウル2000m)の2つだけです。冬のソウルは寒いですからね……
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
いきなり100%はさすがに関係者が怒るのも無理はありませんね。
現在も引き続き国産レースが開催されている様子から見ると、結局は以前のままということでしょうか。
2015/02/28(土) 10:41:55 | URL | ワオ #zH92X9Ik[ 編集]
2月初旬の件ですね。

現在の韓国競馬は「内国産」と「混合」の2本立てでレースが行われていますが、これはJRAの「一般レース(=日本産馬のみ出られる)」と「混合(マル混=外国産馬も出られる)」と同じです。
JRAもかつては「混合」の割合が低くなっていて、内国産馬(=牧場)の保護につながっていました。それは個体の力量差があったからで、昔のNHKマイルカップが外国産馬だらけだったのがその好例です。

で、韓国はかつてのJRA以上に内国産と外国産の能力差が大きいのですが、でも韓国馬事会はすべて「混合」にしたい方針らしく、それは悪くないと思うのですが、KRAはいきなり100%混合にしようとした模様。というわけで、馬主さんや牧場が「そりゃねえだろう」となっているようです。
2015/02/25(水) 22:52:51 | URL | polestar #JOOJeKY6[ 編集]
こんにちわ。以前から韓国競馬情報を拝見させていただいています。
ちょっと気になったニュースがあったのでコメントさせていただきますが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000611-chosun-kr
馬事会が推進した産地統合競走(内国産馬と外国産馬の混合レース)が、馬主協会の反発で実施できなかったというものです。
馬主が内国産馬と外国産馬を別々に出場申請て、馬事会が「馬主たちが組織的に競走編成を妨害した」として競走を中止したとのことですが、
混合戦自体は既に以前から行われていますよね。この混合レースとは今までとは違う性質のものだったのでしょうか?
2015/02/25(水) 05:26:47 | URL | ワオ #zH92X9Ik[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.