でいりーじょぶ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月1日のソウル競馬
2月1日は倉兼騎手の今回の短期免許におけるラストデー。免許期間は3月末までなのだけれど、「日本で2年間で60レースの騎乗がない場合は、免許の更新ができない(ただし大けがなど、例外はある)」という規定を満たすために、高知に戻ることになっているのだ。
その「2年間」は、地方競馬なので「年度」が基準。つまり、昨年4月1日~今年の3月31日までの間に60レースということになる。
今回の短期免許は、昨年4月1日から。そのときはこんなに短期免許の延長ができるとは、という感じだったので、これはこれで仕方がない。ちょっと運が悪かったのは、昨年8月の開催休みのときに高知で騎乗する予定だったのが、台風で高知競馬が2日間とも中止になってしまったこと。それがあれば、規定数までもっと楽に達するはずだったのに。

ということで、ケガがないことを祈るのみです。

その2月1日は、5Rの6群戦(最下級)1200mで、イングランディーレ産駒のファンリョンビサン(黄竜非常)が勝利。この馬、4戦目での初勝利なのだけれど、母の父がオペラハウス。日本ではコンピテンスという名前で走って、JRAで未勝利でした。で、日本で繁殖入りして、3頭を産んでからマルターズライオンを受胎した状態で済州島に渡って今に至る、というプロフィール。
で、そのマルターズライオン産駒は22戦2勝。済州島では全6頭を誕生させているのだが、前出のほかはイングランディーレ×3と、ダンシングサーパス、フィールドアスカというラインナップ。世間では「反日」「侮日」というニュースが多く流れてくるけれど、日本をひいきにしてくれている人はいるのですよ(*^^*)

ちなみに馬主さんは、果川施設管理公団。うーん、JRAにおける名古屋競馬株式会社みたいなものか?
10年ぐらい前に九州トレーニングセールで大量に馬を買ってくれた、果川馬主クラブの流れかしら。

イングランディーレ産駒は、9Rの3群戦(1800m)でもコスモスキング(牡3)が勝利。こちらは母がフレンチデピュティ肌のラブリーシャイン。母の母がシャイニンググラスで、3代母がシャイニンレーサーだから、社台Fの血統でござりますな。こちらはアサクサデンエンを受胎して済州島に渡り、第2仔以降はイングランディーレで4年。で、昨年はフィールドアスカ産駒が誕生しとります。

ということで、金岳牧場の生産馬が1日2勝となりました。

で、このコスモスキング、昨年11月の2歳王者決定戦では4着だったけれど、1800mに距離が延びてからは2連勝。血統的に中長距離は大歓迎だろうし、早め先頭から押し切った内容ならば、ダービーでもいい勝負ができそうな気がしますぞ(^^)

その次の10R(国産2群・1400m)では、同じ3歳馬でリミットレスビッド産駒のマハナイムが勝利。こちらも8戦6勝と上昇の勢いがあるのだけれど、セン馬なのでダービーには出られましぇん……

というわけで、最終日の倉兼騎手は8戦0勝、2着1回でした。

長くなったので、釜山開催は別エントリで。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。