でいりーじょぶ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月末~2月1日の釜山競馬
すっかり遅くなってしまっているけれど、1月最終週の釜山の結果をさらっと。
なお、今週末の競馬開催は3場ともありません。旧正月ですからね~。さらに今年はカレンダーが良くて、18日~22日まで5連休。KRA職員は月曜と火曜が定休日だから、16日~24日まで9連休になっとるらしい。。。

年末に短期免許を取得して騎乗を開始した小山騎手は、右足のかかとをケガしたためしばらく休んでいた(調教には乗っていた)が、その前の週から実戦に復帰。歩様はかなり悪いのだけれど、馬に乗ったらかかとが地面につかないので痛くないのだとか(^_^;)
あと、フリー騎手の場合は調教に乗っても給料が出ないっすからね~。ただ、休業補償はそこそこ出るので、生活には困らないのではありますが。

で、1月30日(金)は全11R。最終レースの国産1群戦(1600m)で、ハンガンウィキジョク(漢江の奇跡)が勝って、これでオープン2連勝。59kgでも7馬身差の圧勝だったから、関係者としては、もう一般戦には出てほしくないところでしょうなあ。しかし番組的には、5月24日のGCトロフィー(1600m・特別戦)まで一般戦以外の適クラがないのよ……

これから競馬産業が発展して、上級のレースが増えていくことに期待ですな。長い目になるけれど。

2月1日の日曜日は5Rの2群戦(1600m)で田中騎手騎乗のヴィクトリーサンが勝利。セン馬4歳のメニフィー産駒だけれど、母がアグネスタキオン肌のローズフレッシュ。近親に活躍馬はいない血統……なのだけれど、けっこう取引価格は高かった模様。元は取れているようですが。馬の売買って、けっこうデンジャラスなものですなと改めて。

最終6Rの混合1群戦(1800m)では、昨年の慶尚南道知事杯の覇者、カムドンウィパダ(感動の海)が57kgで3着。先着の2頭は両方とも52kgの馬でした。たぶん、カムドンウィパダは冬があまり良くないタイプなんじゃないかなあ。

通年開催で、放牧で鋭気を養うという文化もあまりないから、この辺は予想するときに注意しておきたいポイントですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。